new 21.02.21 update

あの『俺たちに明日はない』がよみがえるぞ!

4月9日(金)ロードショー『ドリームランド』


 古い映画ファンなら、1967年に製作された『俺たちに明日はない』(原題『BONNIE AND CLYDE(ボニー・アンド・クライド)』)がよみがえることだろう。わが身を振り返れば燎原の火のごとく広がっていた学園闘争を他人事のように横目にしていた典型的なノンポリ。日々麻雀に明け暮れて、まさに「俺たちに明日はない」と自虐的な鬱屈した不良学生だった。そのさなか、アメリカからとんでもない銀行強盗をヒーローにした映画がやって来たのだ。1930年代のテキサスを舞台にクライド(ウォーレン・ベイティ)とボニー(フェイ・ダナウェイ)の男と女がグルとなり、後になって仲間も加わって銀行強盗を繰り返す犯罪映画だ。

 最後は身体中に銃弾を受ける二人の死に方を観ながら、全共闘連中に向かって「反体制を気取るならこのくらいのこと(覚悟)をしろよ」と快哉した憶えがある。ダーティーヒーローの痛快極まりない実話をもとにした刺激的な映画だった。1968年暮、東京府中に起きた3億円強奪事件の犯人を、その度胸や手際の良さにボニーとクライドになぞらえて想起したものだった。

 さて、本作は銀行強盗の末、銃弾を受けた女(マーゴット・ロビー)が息絶え絶えで荒れ地の廃墟同然の納屋に逃げ隠れていたことからドラマが始まる。そこにイノセンス残る17歳の、人生に鬱屈している少年が出くわし、まさに「ドリームランド(夢見る場所)」への二人の逃避行に展開してゆく。ドレスアップしたお洒落なボニーとクライドとは似つかわしくないが、少なくともフェイ・ダナウェイの美貌とふてぶてしさと、指名手配の逃亡者マーゴット・ロビーの儚い美しさが交錯して、女の愛の悲しい〝強さ〟に涙するのは年寄りの悪い癖なのか。

©2018 DREAMLAND NM,LLC

 それにしても1930年代の砂塵にまみれるテキサスという舞台、日常的に起きる銃撃戦、いやが上にも『俺たちに明日はない』がよみがえる。そして、鬱屈した日々から脱出しドリームランドを夢見る少年の心に、かつて人生の方途を彷徨っていたわが身を重ねてみたくなるのも許されたい。「イノセンス?(無垢、無邪気)、冗談じゃない。俺たちには、もう、明日(寿命)がない!」と叫びながら。(文・次郎長)


4月9日(金) 新宿武蔵野館ほか全国公開
配給:ハピネット


広告

PR

サントリー美術館様

特集 special feature 

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三 80歳の青春

加山雄三 80歳の青春

若大将、人生を語る

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

new 動く彫刻《お花の親子》を楽しむ

動く彫刻《お花の親子》を楽しむ

六本木ヒルズ、村上隆彫刻作品が映像に。

下北沢に「住む」「学ぶ」寮生活

topics 下北沢に「住む」「学ぶ」寮生活

SHIMOKITA COLLEGE 登場

ロマンスカーミュージアム

ロマンスカーミュージアム

小田急線海老名駅に来年4月開業

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial