俳優・役所広司の凄味を堪能する、『すばらしき世界』 2月11日全国公開

©佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会

2021年2月11日(木・祝)全国公開される、『素晴らしき世界』を観た。たとえば、電車内で中年サラリーマンがチンピラ風に言いがかりを付けられているとき、われわれは見て見ぬふりをする。チンピラに「おい、やめろ!」とはなかなか向かえない。ところが主人公、三上正夫(役所広司)はチンピラを完膚なきまでに叩きのめす。痛快、といえば痛快なのだ。現代社会に、彼のような分かりやすい真っ直ぐな正義感が失われていないか、投げかけられる。

 彼は出たり入ったり都合28年余りを刑務所暮らし。実直な人情に厚い反面、短気がわざわいして、社会のレールから外れる。「あんたみたいな不器用な男は、この世間は生きづらいっしょ」。最も長かった殺人の刑期を終えて出てきた三上に、元カノはそう言って同情とも冷やかしともつかない物言いをする。更生しようともがく男にとって「この世間」は渡りづらいが、はたして世間の常識が正しいのか、当たり障りのない日常に浸かっていないか、われわれに真正面から問いかけてくる。

 それにしても、本作を観た誰もが役所広司という俳優の凄みを改めて知らされることになるだろう。脚本・監督の西川美和は、

「与えられた役とご自分を一体化される努力をされている…(中略)、隅の方でじーっと何かに集中されているのを見かけるんですよ。それは多分、私にも他の人にも、誰にもわからないレベルの鍛錬であり自主トレなんだろうと…、ちょっと直視できないような、鬼気迫る感じがある」

 と初めてタッグを組んだ感想をプログラムの中で述べているが、役所の芝居には無理に役柄を作ろうとしているところがない。主人公・三上正夫はそのまま三上正夫なのである。どんな役でもこなしてしまう、という程度の軽い形容ではとても納まらない奥深さを感じるだけでも価値がある。

 ノンフィクション作家、佐木隆三の原案『身分帳』を元に、実在の殺人犯をモデルにした「社会」と「人間」の関係性を考えさせる問題作である。(記・次郎長)

2021年2月11日(木・祝)全国公開
配給:ワーナー・ブラザース映画


主演:役所広司
出演:仲野太賀 六角精児 北村有起哉 白竜 キムラ緑子 長澤まさみ 安田成美 / 梶芽衣子 橋爪功
脚本・監督:西川美和 原案:佐木隆三著『身分帳』(講談社文庫刊)

PR

サントリー美術館様

特集 special feature 

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三 80歳の青春

加山雄三 80歳の青春

若大将、人生を語る

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

下北沢に「住む」「学ぶ」寮生活

topics 下北沢に「住む」「学ぶ」寮生活

SHIMOKITA COLLEGE 登場

ロマンスカーミュージアム

ロマンスカーミュージアム

小田急線海老名駅に来年4月開業

文化都市・六本木ヒルズで元気になる

文化都市・六本木ヒルズで元気になる

村上隆彫刻作品「お花の親子」が出現

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

参宮橋

参宮橋

松下洸平さん

代々木上原

代々木上原

松田悟志さん

下北沢 第4景 

下北沢 第4景 

横田栄司さん

下北沢 第3景

下北沢 第3景

藤田俊太郎さん

下北沢 第2景

下北沢 第2景

大谷亮平さん

下北沢 第1景 

下北沢 第1景 

カズ・ハヤシさん

伊勢原

伊勢原

眞島秀和さん

喜多見

喜多見

鈴木伸之さん

千歳船橋

千歳船橋

町田啓太さん

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial