中井貴一&香取慎吾出演、三谷幸喜ミュージカル待望の再演!

シス・カンパニー公演

日本の歴史


 2018年12月から翌年初頭にかけて上演された三谷幸喜作・演出のオリジナル・ミュージカル『日本の歴史』が、2021年7月6日、総勢60人以上を数えるそれぞれの時代を生きた歴史上の偉人たちや、その偉人たちと同時代を生きた市井の人々を引き連れ帰ってきた。三谷幸喜といえば、歴史好きとして知られており、NHK大河ドラマでも「新選組!」「真田丸」そして2022年に放送予定の「鎌倉殿の13人」と、それぞれに異なった時代を描き、その都度、独自の着眼点と斬新なアイデアで、誰もが知る歴史上の超有名人から、それまであまり光を当てられることがなく歴史に埋もれた人物をも掬い上げ、観る者の脳裏に深い印象を残す魅力的なキャラクターに創り上げている。「鎌倉殿の13人」でも、三谷の深い洞察力で、主役の北条義時(小栗旬)、義時の義母牧の方(宮沢りえ)、後白河法皇の愛妾丹後の局(鈴木京香)ら、まだ知られざる人物が、どのようなキャラクターに仕立てられていくのか楽しみである。

 『日本の歴史』では、卑弥呼の時代から太平洋戦争までの約1700年にわたる日本の歴史が描かれるが、卑弥呼、平清盛、源頼朝、源義経、織田信長ら、それこそ大河ドラマの主役級の人物や、孝謙天皇、道鏡といった歴史の教科書ではバイプレイヤー的な人物たちが織り成す表舞台の歴史に、無名のある家族の歴史の物語を重ね合わせながら、骨太な人間ドラマとして描かれる。その60人以上もの登場人物たちが、歌い、踊りながらエネルギッシュに歴史を駆け巡るという、まさに〝大河ミュージカル〟なのである。音楽を担当するのは、三谷の作品世界を長年にわたり音楽面から支え、多くの作品を創り出してきたパートナーとも言える存在の荻野清子。初演では、メロディが頭から離れず、知らず知らず口ずさんでいたとの声が多く聞かれた。今回も脈々と次世代へと連なる人間の因果応報の物語が、親しみやすい歌詞によりキャッチーなメロディで紡がれていく。

上段左から中井貴一、香取慎吾、新納慎也、瀬戸康史、下段左からシルビア・グラブ、宮澤エマ、秋元才加、三谷幸喜

 歴史が大好きな三谷は、愛すべき歴史上の人物からインスピレーションを得ながら、そして同時に俳優たちも大好きな三谷は、役を演じる俳優たちからもインスピレーションを得て、キャラクターを練り上げていく。今回も舞台や映像で三谷作品にはおなじみの中井貴一、香取慎吾、新納慎也、シルビア・グラブ、宮澤エマ、秋元才加の初演メンバーに、今回は昨年の舞台『23階の笑い』に次いで、三谷作品2度目にして本格的なミュージカルは、ほぼ初体験という瀬戸康史が加わり、初演時に加えてさらなる楽しみと驚きが用意されているに違いない。なんといっても60人以上の登場人物を、わずか7人の俳優で演じわけるのだ。この試みだけでも、演劇的な楽しみに溢れている。たとえば、平清盛にしても、三谷の演出術にかかると、中井貴一が演じるのか香取慎吾なのか、はたまたシルビア・グラブなのか、いずれの俳優が演じるかによって、清盛のなかにその俳優自身に潜在するチャーミングな魅力が組み込まれ、おそらく、いや当然ながらまったく違う清盛像に仕上がるのではないかと、ワクワクさせられる。再演に寄せる三谷幸喜のコメントを紹介しよう。「『日本の歴史』が帰って来ました! 女装で踊る中井貴一、香取慎吾のエロ坊主、シルビア・グラブの織田信長、宮澤エマの平清盛、秋元才加のババア、新納慎也のジジイ、皆、戻って参りました。さらに初参加、瀬戸康史の11役早変わり。全編見所しかない、一大ミュージカル。歴史の転換期とも言うべき今こそ、観て頂きたい作品です」。どうです、観てみたくなるでしょう? 唯一無二ともいえる三谷マジックに驚かされる幸福を、早く味わいたいものだ。演劇は、幕が上がるその瞬間が刺激的でもある。

撮影:宮川舞子
写真提供:シス・カンパニー

作・演出:三谷幸喜 音楽:荻野清子 出演:中井貴一 香取慎吾 新納慎也 瀬戸康史/シルビア・グラブ 宮澤エマ 秋元才加 演奏:荻野清子(ピアノ・ピアニカ) 阿部寛(ギター・バンジョー・マンドリン・ウクレレ) 古本大志(チューバ・ベース) 萱谷亮一(ドラム・パーカッション)


東京公演
〔公演日程〕7月6日(火)~7月18日(日)
〔会場〕新国立劇場 中劇場(東京都渋谷区本町1-1-1)
〔料金(全席指定・税込)〕SS席13,000円、S席12,000円、A席9,000円、B席7,000円、C席5,000円
※当日券の販売予定あり。詳細は公演サイトでご確認ください。


大阪公演
〔公演日程〕7月23日(金・祝)~7月30日(金)
〔会場〕梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ(大阪市北区茶屋町19-1)
〔料金(全席指定・税込)〕S席12,000円、A席9,000円
※7月10日(土)より大阪公演前売開始。
〔問〕シス・カンパニー03-5423-5906(平日11:00~19:00)
https://www.siscompany.com/mitanisaien/

PR

サントリー美術館様

PR

きんでん

特集 special feature 

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

~江戸薫る 芝居小屋の風情を今に~

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

聖火リレー辞退、加山雄三の人生観

聖火リレー辞退、加山雄三の人生観

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

ホテルにいながら世界の街へ! 小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの食で味わう海外旅行

ホテルにいながら世界の街へ! ...

小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの提案

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕...

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial