あの『レオン』のナタリー・ポートマンが監督・脚本・主演…


『愛と闇の物語』

映画ファンならほぼほぼ記憶に刻んでいるであろう名画『レオン』。当時13歳のナタリー・ポートマンは、プロの殺し屋を演ずるジャン・レノを向こうに回し、大人びた頭の回転の早い、精神年齢は実際よりも高い少女を見事に演じ鮮烈なデビューを飾った。その後も多くの作品で受賞し、ずば抜けた美貌と演技力で、いまやハリウッド屈指の人気を誇る女優として押しも押されもしない存在である。そのナタリーが、同じ祖国のイスラエルの作家・ジャーナリストとして知られるアモス・オズ(1939-2018)の自伝的著書『A Tale of Love and Darkness』を映画化したのである。ハーバード大学出身で、読書好きな彼女が原作に出合ってから約7年の歳月を経て、監督・脚本と劇中では母親役を演じた。

​© 2015 Picture Perfect Corporation. All Rights Reserved.

原作は、イスラエル建国前夜にあたる1945年、幼少期のアモスが両親と共に過ごしていた英国統治下のエルサレムでの実体験がもとになっているので、暗く重く複雑な政治的な背景ではある。しかし、美しく賢明な母親役のナタリー、アモスを演じる少年のかわいらしさに、誰もが知らず知らず物語の中に引き込まれることになるだろう。

​© 2015 Picture Perfect Corporation. All Rights Reserved.

ナタリーは、本作について「母親の死から生まれた空虚によって作家が誕生した瞬間を描く作品」と語っている。アモスにとって母親の存在が如何に大きく、強い影響を受けてきたかを物語る内容だ。ナタリーが、演技者としても、監督としての才能も如何なく発揮している作品といえよう。


2月19日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、イオンシネマ 他 全国公開

配給:イオンエンターテイメント
公式HP: https://www.aitoyamimovie.com
劇場情報: http://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=aitoyamimovie

広告

PR

サントリー美術館様

特集 special feature 

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三 80歳の青春

加山雄三 80歳の青春

若大将、人生を語る

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

new 動く彫刻《お花の親子》を楽しむ

動く彫刻《お花の親子》を楽しむ

六本木ヒルズ、村上隆彫刻作品が映像に。

下北沢に「住む」「学ぶ」寮生活

topics 下北沢に「住む」「学ぶ」寮生活

SHIMOKITA COLLEGE 登場

ロマンスカーミュージアム

ロマンスカーミュージアム

小田急線海老名駅に来年4月開業

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial