小津安二郎ら巨匠たちの…『銀幕を舞うコトバたち』

米谷紳之介著



心に残るセリフ、憶えておきたくなるセリフに出合える映画たち


本誌「コモレバ?」で、小津安二郎監督特集(25号)、小林正樹監督特集(29号)、倍賞千恵子特集(32号)、映画『男はつらいよ』特集(41号)の原稿を執筆していた米谷紳之介さんが昨年12月12日に新刊『銀幕を舞うコトバたち』を上梓した。松竹が運営するポータルサイト「松竹シネマクラシック」に米谷さんが2015年から連載している中から46本のコラムを選び加筆修正を行ったものである。本書は全四章で構成されているが、『東京物語』『晩春』の小津安二郎監督、『拝啓天皇陛下様』『砂の器』の野村芳太郎監督には、それぞれ一章が当てられている。これは単純に贔屓の監督だからだ、と著者は言う。

野村監督の『拝啓天皇陛下様』は著者が昭和38年に初めて映画館で観た映画であり、また昭和38年は12月12日に還暦を迎えたその日に小津安二郎が鬼籍に入った年でもあった。昭和38年は著者と映画との関りにおいて特別な年であり、この本が12月12日に出版されることにも大きな意味があった。本書には松竹映画47作品の中から拾い上げた50の気になるセリフを手がかりに映画のあふれる魅力が語られている。

たった一行のセリフから映画の記憶が甦ってくることも少なくない。そしてきっともう一度その映画を観たくなるに違いない。第四章には「松竹映画の巨人」として「コモレバ?」で紹介された小津監督、小林監督、倍賞千恵子、渥美清の原稿が掲載されている。


PR

サントリー美術館様

特集 special feature 

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三 80歳の青春

加山雄三 80歳の青春

若大将、人生を語る

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

下北沢に「住む」「学ぶ」寮生活

topics 下北沢に「住む」「学ぶ」寮生活

SHIMOKITA COLLEGE 登場

ロマンスカーミュージアム

ロマンスカーミュージアム

小田急線海老名駅に来年4月開業

文化都市・六本木ヒルズで元気になる

文化都市・六本木ヒルズで元気になる

村上隆彫刻作品「お花の親子」が出現

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

参宮橋

参宮橋

松下洸平さん

代々木上原

代々木上原

松田悟志さん

下北沢 第4景 

下北沢 第4景 

横田栄司さん

下北沢 第3景

下北沢 第3景

藤田俊太郎さん

下北沢 第2景

下北沢 第2景

大谷亮平さん

下北沢 第1景 

下北沢 第1景 

カズ・ハヤシさん

伊勢原

伊勢原

眞島秀和さん

喜多見

喜多見

鈴木伸之さん

千歳船橋

千歳船橋

町田啓太さん

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial