古賀稔彦さん直筆色紙公開、平成の三四郎を悼む

 この色紙は、「¿Como le va?」の姉妹誌「andante アンダンテ」で、古賀稔彦さんの取材にお伺いしたおり、揮毫していただいたもの(2018年10月9日)。「人生精進 常に前進」は、まさに古賀稔彦さんの生き方そのものである。一期一会の出会いに感謝して一枚の色紙にも心を込めて揮毫される古賀さんの人柄に深く感動した。

 信じられないような話だが、あの強い古賀さんは子供の頃は病弱で、泣き虫で、赤面症だったという。ご両親に愛され、恵まれた環境を作ってくれたことが今につながった、とご両親を誇りにされ感謝する言葉が印象的だった。

 現役を退き「古賀塾」という町道場の指導者として、「柔道を通して人間をつくる」と奮闘される毎日。「塾五訓」というわかりやすい教えが塾に通う子供たちの前に掲げられていた。

「はい」と言う素直な心
「ありがとうございます」と言う感謝の心
「私がします」と言う奉仕の心
「すみません」と言う反省の心
「おかげさま」と言う謙虚な心

 左膝靭帯の損傷という大怪我を負いながら、金メダルに輝いた1992年のバルセロナオリンピック。あの雄姿は忘れられない。

「書道を習っていたことから、いつの間にか古賀さんは(柔道より)書道がうまい、になってしまって……」と照れながら揮毫されたあの笑顔も忘れられない。ご冥福をお祈りいたします。

PR

PR

サントリー美術館様

特集 special feature 

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

Present

information

new 森美術館 「アナザーエナジー展」 

森美術館 「アナザーエナジー展...

挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人

new 箱根海賊船『Sunset  Cruise』運航!

箱根海賊船『Sunset C...

初夏の夜の箱根時間を堪能する

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕...

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial