桃の節句に「岩﨑家のお雛さま」を愛でる

「静嘉堂文庫美術館」といえば、三菱創業者、岩﨑彌太郎の弟で、第二代の社長を努めた岩﨑彌之助、その息子で第四代社長の小彌太の父子二代にわたる蒐集品を収蔵・展示する美術館です。同館はこの春、「岩﨑家のお雛さま」を展覧します。岩﨑小彌太(1879~1945)が孝子夫人のために誂えた雛人形は、京都の人形司・丸平大木人形店によるもので、贅を尽くした貴重な美術工芸品です。内裏雛の白くつややかな丸い顔が幼児のようにいかにも愛らしく、また雛道具の各所に岩﨑家の替紋である花菱紋があしらわれた、精緻な技術の粋を集めた最高傑作と言えましょう。

このほか春を愛でる絵画・工芸品も合わせて展示され、日本画家・前田青邨(1885~1977)に絵の手ほどきを受けた小彌太自身の絵画や蒐集した名品の数々も出品されます。特に小彌太の蒐集品、国宝「曜変天目」で眼福を得ることができます。

聞けば2022年、展示ギャラリーを丸の内・明治生命館への移転を前にした現在の地(世田谷区岡本)での最後から2番目になる展覧会となるそうです。お見逃しなく。

「享保雛」江戸時代後期(18~19世紀)
五世大木平藏製「岩﨑家雛人形」のうち内裏雛
重要文化財 野々村仁清「色絵吉野山図茶壺」江戸時代前期(17世紀)
国宝「曜変天目」建窯 南宋時代(12~13世紀)

展覧会:岩﨑家のお雛さま
会期:2月20日(土)~3月28日(日)
会場:静嘉堂文庫美術館(世田谷区岡本2-23-1)
開館時間:10:00~16:30(入館は16時まで)
入館料:一般1,000円、大高生及び障害者手帳をお持ちの方700円、中学生以下無料
お問い合わせ:050-5541-8600(ハローダイヤル)
HP:http://www.seikado.or.jp/

PR

サントリー美術館様

特集 special feature 

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三 80歳の青春

加山雄三 80歳の青春

若大将、人生を語る

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

new 動く彫刻《お花の親子》を楽しむ

動く彫刻《お花の親子》を楽しむ

六本木ヒルズ、村上隆彫刻作品が映像に。

下北沢に「住む」「学ぶ」寮生活

topics 下北沢に「住む」「学ぶ」寮生活

SHIMOKITA COLLEGE 登場

ロマンスカーミュージアム

ロマンスカーミュージアム

小田急線海老名駅に来年4月開業

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial