菅原文太という人間の虚像と実像を 浮き彫りにした渾身のノンフィクション

「山守さん、弾はまだ残っとるがよう……」、映画『仁義なき戦い』のラストシーンの名台詞をご記憶だろうか。親分子分の盃を交わしたが、小心でケチな親分(金子信雄)に愛想を尽かした菅原文太の一言である。まさに、「なんど負けても弾はまだ残っている」と思い続けて81年を生きた俳優・菅原文太の評伝『仁義なき戦い 菅原文太伝』(松田美智子・著)が、昭和を生きた男たちに熱いメッセージを送ってくれる。菅原文太というスターの出自、両親の離婚、薄い縁、ドヤ暮らし、下積み、スターへの道……、一人の人間の生涯を彼に触れた人々の証言と膨大な資料を積み上げ組み立てられたノンフィクションである。

思えば、年齢というだけでなく鶴田浩二、高倉健といった先を走るスターの後追いの、ちょっと暗く屈折した文太は二番手のスターといえるだろう。「飢餓俳優」と自称した菅原文太には、華やかさはなく不器用な人間臭さが昭和のファンにとっては身近に感じられたのかも知れない。その根底に何があるのか。かつて自らも女優として活動した松田美智子という作家の執拗なまでの追究心に圧倒されながら、初めて詳らかにされた興味深い一書である。

『仁義なき戦い 菅原文太伝』
2021年6月24日発売(新潮社・刊/税込予価1,870円/304頁)

PR

PR

サントリー美術館様

PR

きんでん

特集 special feature 

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

~江戸薫る 芝居小屋の風情を今に~

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

聖火リレー辞退、加山雄三の人生観

聖火リレー辞退、加山雄三の人生観

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

ホテルにいながら世界の街へ! 小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの食で味わう海外旅行

ホテルにいながら世界の街へ! ...

小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの提案

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕...

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial