居酒屋 にしんば

 昭和53年から続く〈居酒屋 にしんば〉。ご両親から受け継ぎ、岡崎貴亜(たかつぐ)さんが店長を務める。小劇場の町、下北沢らしく壁にはいろんな芝居のポスターやチラシが貼られ、実際、多くの劇場関係者が客に名を連ねている。以前この店のスタッフだった遠藤さんという人物が、やはりカズさんの小・中学生時代の同級生で、 この店との縁ができた。遠藤さんは、現在石垣島で〈にしんば〉の姉妹店のような趣きの居酒屋〈魚仁〉を営んでいて、今も〈にしんば〉との交流があるそうだ。店長はじめ6人の 男性スタッフが手を休める暇がないほど、店内はいつも多くの客でにぎわっている。この店では相席が当り前で、自然と隣客とも言葉を交わすことになる。

 ここで出していただいたのは、海苔でくるんで食べる秋限定のさんまのなめろう、刺身森はうに、かつお、ぼたんエビ、水ダコ、中トロ、さんま、しま鯵、真はたの贅沢版。そして人気のホットガーリックポテトサラダ。

カズさんはハイボールを飲みながら八木原さんと刺身に舌鼓を打ち、岡崎店長と、石垣島へ行った遠藤さんの話で盛り上がる。

40人くらいは入れるが、いつも客で込む〝シモキタ〟を代表する居酒屋。金・土・ 日曜は特に込むので、平日のオープン時がねらい目。さんまのなめろう600円、刺身盛合せ2,500円(2人前)、ホットガーリックポテトサラダ550円、にしん塩焼600 円、白みる貝900円、ぼたん海老の柚子こしょう漬450円(2本)、すじこ味噌漬 600円、かにみそバケットグラタン750円、馬肉ゆっけ800円、ガーリックバター焼 そば700円、するめいか一夜干し500円、牛すじ韓国風煮込み600円、クリームチーズ西京漬450円などなど、酒飲み好みのメニューがそろっている。

居酒屋 にしんぼ
〔住〕世田谷区北沢2-9-20〔 問〕03-3465-0251 〔営〕月〜土曜18:00〜翌2:00、日曜・祝日17:00〜翌1:00 〔休〕基本的に無休

サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!