K ・23 

 以前、喜多見で店を開いていた二宮恭介・由紀夫妻がこの町に店を出したのは2011年のこと。店名の〈K〉は恭介さんの頭文字、〈23〉は二宮である。いただいた名刺の裏には〈NINO トYuki♡〉とサインがあった。外国人も多い常連客からは、〈ニノ〉〈ニーノ〉と親しみをこめて呼ばれている恭介さん、「マスターって呼ばれても返事しないので、ニノと呼んでください」と茶目っ気たっぷりの笑顔を見せた。

 夫妻の一年のスケジュールは祭りで決まるというほど、2人そろって神輿を担ぐのが大好きで年間20ヶ所の祭りに出かける。いきなりの先制パンチに「何だか30年くらいやっていそうなバーですね」と阿部さんも、すっかりリラックスの様子。そろそろ、酒をいただきたいとカウンターに目をやれば、ラム酒が並ぶ。常時30種類くらいがそろっているらしい。そう、ここはラムを飲ませるバーであった。

 ニノさんもラムが大好きで、スタンダードで飲みやすいというおすすめの〈LEMON HART〉というイギリス産のラムをロックでいただくことにした。ストレートのラムにチェイサーはコロナビールという手もある。カウンターに座る常連客のほとんどはラムを飲む。

「飲みやすくて、深い味わいとコクがありますね。病みつきになりそうです。こちらは何というラムですか」とエチケットが気になった阿部さんが訊ねたのは、〈SAILOR JERRY〉というタトゥの王様と言われる人物の名前がつけられたラムだが、残念ながら空き瓶だった。ラムと一緒に出されたラムレーズンも手作り。

「これもラムに合うんですよ」と由紀さんが出してくれたのは、さつまいものレモン煮。「シナモンの香りといい、確かにラムに合います。クセになりますね」と阿部さんは2杯目のラムを注文。さらに夫妻が作ってくれたのが自家製パンチェッタで作るスパゲティ〈アマトリチャーナ〉。阿部さんは一皿を食べつくすという健啖家ぶり。「腹がいっぱいなはずなので、僕自身が一番驚いているんですが、それだけ美味いということなんですね」と。月一回はブルースのライブも開催され、音楽と酒で盛り上がり深夜12時の閉店時間が延長されることも珍しくない。和泉多摩川の夜はディープだった。

ニノさんと由紀さん、とにかくオーナー夫妻のトークが愉快で、さらにはラムの魅力に酔いしれるバーである。ニノさんにおまかせすると、次々に美味いラムを紹介してくれる。自家製パンチェッタは、1 週間塩漬けにした豚肉を一回水洗いして、さらに塩と香草で2 週間漬け込むという手間の産物で常時あるわけではないが、単品でもスパゲティアマトリチャーナでも、一度は味わいたい逸品だ。自家製ラムレーズンも絶品で300円。そのほか、ナポリタン、ミートソース、ブッタネスカ各890円などのスパゲティや、チリビーンズにムール貝チーズ焼など各500 円とバーフードも手がこんでいる。ラムと親しくなることで、楽しみが倍増するバーである。

〔住〕狛江市東和泉3-10-4 中川ビル202 〔問〕090-1705-7431 〔営〕17:30~深夜0:00(延長OK)〔 休〕無休

*掲載時の内容ですので、新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合があります。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅が丘

光石研さんと梅が丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial