Millevin-Fiori  ミルヴァン フィオーリ

オープンは2013年の12 月で、カウンター4席、テーブル20席のイタリアンレストラン。店名のミルはフランス語で千、ヴァンは ワイン、フィオーリはイタリア語で花の意。千本くらいのワインが花のようにありますよ、という意味らしい。千本とまではいかないが常時百本くらいのナチュール(自然派)ワインがストックされている。

メニューを見せてもらうと、日付が入っている。どうやらメニューは日替りのようだ。シェフで店長の藤木義之さんに、おまかせで3品作ってもらうことにした。まずは〈白イ カとパクチー、春菊のサラダ〉。仕 入れによって白イカが炙り鯖になることもある、ナンプラー風味のアジ アンハーブサラダだ。横田さんは白 ワインを注文。横田さんの兄は、ワインに魅せられてイタリアに渡り、 そのままフィレンツェに 20 年以上住んでいるという。「香りがいいし、しゃきしゃきとした歯ごたえがあっておいしいですね。シモキタの店は結構知っていて、一昨日も地元の友 人たちとすぐ近くで飲みましたが、 この店は知らなかったな」と、食べ 姿がダンディな横田さん。〈華味 鶏とアサリ、佐土原茄子の軽い煮込み〉はポルトガル料理に近い味わい。 そしてふわふわの〈ズワイガニとラクレットチーズのスフレオムレツ〉。 「これ、すごいですね。おいしい〝雲〟 を食べているような感覚で、まさに 大人のプリン。これ作るの大変じゃ ないんですか」とシェフに訊ねる。 「女性グループだと1つ注文してすぐに追加されることが多いので、結構大変です」と藤木シェフも苦笑い。 散歩しながら偶然見つけて入ってく る客も少なくないらしい。下北沢はにぎやかな部分と閑静な部分、いろんな要素がバランスよくかみ合った町で、日によっても町の雰囲気が変わる、というのが植田マネージャー の印象。町は人が作るのだ。

Millevin-Fiori ミルヴァン フィオーリ

日本酒などにもあうように和のテイスをあしらったり、ナンプラーなどを使用して料理に奥行をもたせ る、新感覚のイタリアン。南部鉄器で焼いたふわふわの〈ズワイガニとラクレットチーズのスフレオムレツ〉 850円、〝鶏のフォアグラ〟白レバーのほろ甘いプリン 〈レバープリン ポートキャラメルソース〉500円は人 気の一皿。当日のメニューにはその他に、〈骨ごと鯖 のリエット青唐麹のせ〉500円、〈焼きパテ・ド・カン パーニュ〉700円、〈ウサギのフリット〉800円、〈釜 揚げシラスと九条葱のペペロンチーノ〉1,000円、荏 胡麻の香りの〈サルシッチャとトウモロコシのスパゲティ〉1,100円、魚醤を使ってタレ焼きにした赤ワインにも合う〈ベルギー産オリーブポーク肩ロースのガル ムグリル〉1,700円などの料理が並んでいた。

〔住〕世田谷区代沢5-35-8 〔 問〕03-6453-4230 〔営〕月~金曜17:00~23:00L.O(土曜・日曜・ 祝日は16:00から) 〔休〕年末年始


新着記事

おすすめ記事

成城学園前~住人御用達の看板店

いい街には、いい本屋がある

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club