up & down  アップ&ダウン

人生を楽しみたい大人が通う
美味い酒と料理の店

 駅からすぐのビルの中にある「アップ&ダウン」は居酒屋風でもあり、ビストロ風でもあるレストランの味わいを家庭料理の雰囲気で提供してくれる店。ご主人の鞠子昭平さんにいただいたショップカードには、「人生にはアップ&ダウンがつきものさ! でも、その方が面白いだろ?」と記されている。また、「人生の楽しみたい全ての大人たちへ!」とも。

人生の楽しさや喜び、時には悲しさや寂しさを大切な人と分かち合いながら、酒に魅せられた昭平さんと奥さんの直美さんが選りすぐったワインや酒と美味しい料理で、心地よい大人の時間を過ごせる店だということである。「大人のための店っていいですね、きょうの締めくくりにピッタリですよ」と北川さん。料理は基本的に直美さんの担当だ。

グランドメニューのほか、おすすめメニューが黒板に紹介されている。ラタトゥイユ、生ハム、レバーのパテが盛られた前菜の盛り合わせ、バーニャ・カウダ、タコ足の和風カルパッチョ、それにハチミツ醤油漬・豚バラローストを注文。メニューには〆サバも載っている。日本酒や焼酎も充実しているということだ。

「酒に合うおいしいと思える料理を提供できればと思っているんです。普段使いの店として1週間に2度、3度と利用していただけると嬉しいですね」と日頃無口な昭平さんの口も滑らかに。

ビルのなかだけに隠れた存在ではあるが、それだけに酒と美味い料理が好きな人が引き寄せられて通い詰める。

up & down アップ&ダウン
オープンは2008年の4月1日。前菜盛り合わせ1,029円、バーニャ・カウダ788円、タコ足の和風カルパッチョ714円、ハチミツ醤油漬・豚バラロースト893円、モッツァレラチーズのミソ漬525円、トリッパ504円、鶏モモ肉のコンフィ819円、レバーのパテ504円など酒がすすむ料理がそろっている。カルヴァドス、グラッパ、マールなど食後酒なども充実、リーズナブルな値段も嬉しいかぎり。

〔住]川崎市多摩区登戸2055 ACEビル4F 〔問]044-931-2655 〔営]18:00~深夜0:30L.O.(金曜・土曜は翌1:00)〔休]日曜・第3月曜

*掲載時の内容ですので、営業時間・定休日が記載と異なる場合があります。ご来店時は店舗にご確認ください。

こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様
森美術館

特集 special feature 

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!