風紋

太宰治の短篇小説『メリイクリスマス』の主人子シズエ子ちゃんのモデルとして知られる林 聖子さん。出版社勤務などを経て1961 年に〈風紋〉1 号店をオープンした。現在の店は3 号店になる。開店当初から出版関係者や作家が通い続け、いわゆる新宿〝文壇バー〟の先駆けとなった。特に60 年代、70 年代には画家、俳優、詩人、建築家、デザイナーなど多くの芸術家たちが集り、銀座とはまた趣きの異なる文化の花が開いた。井伏鱒二、檀一雄、井上光晴、庄野潤三、色川武大、田村隆一、浦山桐郎、勅使河原宏、石堂淑朗、中上健次などなど。店には中上と自筆サインのある中上健次のキープボトルがまだ残されている。味わいのある作家たちの多彩なエピソードが詰まったバーだ。今年86 歳の聖子さんは息子・卓さんとともに現在も店を切り盛りしている。文壇バーときくと雰囲気も値段も敷居が高そうだが、チャージが1,500 円で、水割りやビールは500 円と安心して飲むことができる。作家の話、当時の新宿の話しなど聖子さんの話を聞くためだけでも訪れる価値のある店だろう。

〔住〕新宿区新宿5-15-2 池与ビル地階
〔問〕03-3354-6696
〔営〕18:30 ~深夜0:00
〔休〕日曜・祝日


こちらの記事もどうぞ

    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/conex-eco/www/conex-eco.sakura.ne.jp/wp-content/themes/comoleva2016/content.php on line 152

PR

サントリー美術館様

PR

きんでん

特集 special feature 

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

~江戸薫る 芝居小屋の風情を今に~

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

new 下北線路街にホテルが出現、「MUSTARD HOTEL SHIMOKITAZAWA」開業

下北線路街にホテルが出現、「MUSTARD HOTEL SHIMOKI...

下北沢に新しいホテルとエンタメカフェが誕生!

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!