洋食酒場 フライパン

「今から、お連れするのは、駅からもちょっと離れているので、ふらりと立ち寄る というより、事前にスケジュールに組みこんで訪ねるレストランです」と案内してくれたのは〈洋食酒場 フライパン〉。洋食を食べながら、酒も飲める、大人が集まる店を作ろうと、平成23年にオープンしたオー ナーの岩城健太郎さんはカズさんの代沢小学校、富士中学校時代の同級生。「当時から器械体操が得意でしたが、まさかプロレスラーになるとは、しかもこんなにビッグになるとは思っていませんでした」との岩城さんの弁に、ニヤニヤ顔のカズさん。

 メニューには胃袋を刺激する多彩な料理が並ぶ。シェフの原田慎也さんにおまかせすることにした。まずは自家製ササミジャーキー。

「ササミって、パサパサしたイメージがあるのに、しっとりしている。それに燻し加減が絶妙ですよ」と、赤ワインもすすむ。
自家製ササミジャーキー

 続いて白レバーとたっぷり葉っぱのリヨネーズサラダ 温玉添えは、厚切りのベーコンと白レバーのソテーに野菜がたっぷりと添 えられ、この一皿で十分なほどのボリュームだ。「健ちゃん、すごい量だね」と、カズさんもびっくり顔だったが、さすがレスラー、見事に食べきる。

〆に出されたヒレ肉の特製ビーフカツサンド

〆に出されたのが、ヒレ肉の特製ビーフカツサンド。フライパン名物を謳うだけあって、「すごい贅沢な味で、幸せを感じる」と、カズさんの舌と胃袋を完全にとらえたようだ。テイクアウトで注文する客が多いという。今までにも、何度かこの店を訪れているカズさんだが、今回の料理はすべて初めてだったという。それにしても小学校時代からの仲が、いまでも健在だというのは、なんとも微笑ましく、羨ましいかぎりである。

入口カウンター(喫煙席)7席、奥カウンター6席、テー ブル3卓で、30代、40代を中心に70代の老夫婦、日曜日には家族連れと、各世代の下北沢住人の胃袋を満足させるレストラン。〈ヒレ肉の特製ビーフカツサンド〉2,000円、〈自家製ササミジャーキー〉600円、〈白レバーとたっぷり葉っぱのリヨネーズサラダ温玉添え〉 1,100円、女性スタッフ井手恵子さんの十八番〈絶対美味しい生春巻〉800円、隠れた人気商品〈自家製ハニーチーズディップ〉550円、スクランブルエッグのイメージを覆す〈ずわい蟹とトリュフの贅沢スクランブルエッ グ〉1,300円、〈ローストポークのサラダ仕立て ソースグ レイビー〉1,200円、〈セップ茸のクリームパスタ〉1,500 円、〈網脂とキャベツで包んだフライパン流特製ロールキャベツ〉1,950円など、常連になりたい店だ。

洋食酒場 フライパン
〔住〕世田谷区代沢4-44-13レグルス下北沢1F 〔問〕03-3418-0647 〔営〕18:00〜深夜0:00L.O(. 日曜は23:00L.O.) 〔休〕月曜

サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!