cuore forte クオーレ・フォルテ

 イタリアン・バー ル〈クオーレ・フォルテ〉は、直訳すれば〈強い心臓〉という意味のイタリア語。何事に対しても強い気持ちで臨む、というオーナーの心意気が反映されている店名だ。オープンは 2010年で、カウンターが 14 席、 テーブルが3卓あるが、開店と同時に、おいしい料理とワインに目がない客が次々と訪れ、席が埋ってしまう。仕事帰りに一人で訪れる客もいれば、カップル客、ファミリーと思 い思いにディナータイムを楽しんで いる。メニューは黒板に、野菜、魚、 肉、パスタ料理が紹介されている。

 シェフの一戸竜太さんと相談しな がら、まずは、八丈島産モッツァレラチーズと洋梨の一皿を注文。洋梨はあらかじめホワイトバルサミコでマリネされていて、オリーブオイルと黒コショウがかかっている。「八 丈島でモッツァレラが作られているなんて知りませんでした。洋梨との相性もいいし、前菜として最初の一皿に最適ですね」と、やはりワインが欲しくなる。それほど強くないが、酒は好きという大谷さんの一杯目はいつもならビール、もう少し飲めるかなというときはさらにウイスキー というのが定番らしい。

 この店では料理に合わせてその都度グラスでワインをオーダーする客が多く、毎日、赤・白がそれぞれ6種類、発泡系が1種類、ワインリストに案内されている。常に200種類以上のワインがストックされているので、ボトルでオーダーすることもできる。ワインは95~96%がイタリア産である。料理に合うワインをセレクトしてくれるのは、ワイン担当の新居真人さん。

 ほとんどの客が注文するというメニューがある。カラスミのパスタだ。この店のカラスミは太刀魚の自家製カラスミ。「イタリア産の白ワイン との相性が絶妙で、誰かに薦めたくなる料理です」と、大谷さんの食欲もフル回転。続いて豚バラ肉のポルケッタ。豚バラに6種類の香草とにんにくをふりかけロール状に巻き、1日寝かせ、低温でじっくりとロー ストし、輪切りにした状態で供される。いずれの料理からも、〝シモキタ住人〟の胃袋をつかんではなさないという説得力が感じられる。

イタリア産の白ワインとの相性が絶妙で、誰かに進めたくなる料理です

お得な前菜の盛り合わせ1,300円(Sサイズ850円)、八丈島産モッツァレラチーズと洋梨1,500円、人参とピスタチオのサラダ630円、肉厚椎茸のフリット830円、ツブ貝と春菊とスペルト小麦のサラダ1,000円 (S650円)、ホタテとポルチーニ茸のグリル1,600円、豚バラ肉のポルケッタ200g1,300円~、自家製サルシッチャと豆1,600円、カラスミのパスタ1,500円(Lサイズ2,100円)、八丈島産チーズを使ったパスタのカチョエペペ1,200円(ウンブリア産黒トリュフをプラスで+600円、 L1,800円)などスタッフとの会話がはずむメニューが並ぶ。冬場はジビ エ料理も充実。本日の裏メニューも用意されているので、スタッフに訊ねることをおすすめする。

cuore forte クオーレ・フォルテ
〔住〕世田谷区北沢3-20-2大成ビル1F 
〔問〕03-6796-3241
〔営〕17:30~翌2:00L.O(日曜・祝日17:00~23:00L.O.)
〔休〕火曜

サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!