小料理 奈可川

おそらくは神田あたりの生まれのチャキチャキの江戸っ子かとお見受けしたが、実は京都生まれだという女将の中川久仁子さんいわく、〈奈可川〉は、池波正太郎の小説などに登場する〝 小こてい 体な〟店という形容が、しっくりくるんじゃないのかしらと。開店翌日から訪れた小林秀雄、編集者と訪れビールは常温を好んだ永井龍男、着流し姿の立原正秋、袴姿で来ていた五味康祐など、多くの文士たちが日常的に通った店である。板場には主人の晃也さんと息子の力弥さんが立つ。入口や壁に貼られたメニュー のイラストや、小鉢や湯呑は娘の弥生さんの作品。家族のもてなしが文士たちの心をなごませたのかもしれない。

夏の新子に目がなかったという小林秀雄がやはり好物の こちの薄造りと小柱かき揚げを作ってもらった。季節の素 材を使った料理がこの店の味わいだが、ビーフシチュー やコロッケといった洋食も人気だ。玉子焼も名物で、土産 (1,500円、1/2は750円)に持ち帰る人も多い。

〔住〕鎌倉市小町2-8-9秋山ビル1F 〔問〕0467-25-3423 〔営〕昼12:00~14:00 夜17:00~20:30 〔休〕月曜(祝日の場合営業、翌火曜休み)
サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!