イワタコーヒー

小町通りの赤い鳥居をくぐってすぐの喫茶店で昭和20年12月創業。 昭和33年には拡張され庭に面したテラス席が人気だ。

昭和27年くらいからあるホットケーキ(800円)は、厚味のある生地がしっかりとした人気メニューで、焼くのに20分程度要するため、また一回に出せるのが8食分ということで、入店と同時に注文を受けている。多いときには1日300食を超えることもあった。

オーナーの岩田亜里紗さんは3代目で、初代は亜里紗さんの祖父母。この店にも多くの鎌倉文士が通っている。フラッと入ってコーヒーを飲み、サッと帰る川端康 成はじめ、里見弴、大佛次郎、澁澤龍彦、堀口大學、久保田万太郎などなど。ジョン・レノンが訪れた店としても知られている。

酒を飲む文士の姿も絵になるが、「珈琲」と文士の組み合わせも古都の喫茶店ならではのムードである。先代は2階の住居でフランス料理を作り『息子の青春』などで知られる作家の林房雄たちに振舞っていたという。ケーキ、サンドイッチ、ホットドック、バタートースト、パフェ、プリン、さらにはフラッペ、みつまめ、あんみつなどもメニューに並ぶ。

〔住〕鎌倉市小町1-5-7 〔問〕0467-22-2689 〔営〕10:00~17:30L.O(ホットケーキは17:00L.O.) 〔休〕火曜・第二水曜
サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!