ティースポット くりくり

 扉を開けると古民家カフェのような設え。なんとも味わい深い風貌のご主人は本間堅一さん、79 歳。古本屋か骨董店の店主といった佇まいに、時間のポケットに入り込んだような錯覚に囚われた。父親のビストロを継ぎ、50 年間営業していたが、手に不自由を感じ2年ほど休業し、奥さんが茶道を指導していることもあり、夫婦で2019年1月に現在のスタイルで営業を再開した。店には小さな畳敷きのスペースもあり、抹茶椀などが飾られる。「スカーレット」で陶芸家の役を演じる松下さんは、目を輝かせながら茶碗を手にとり興味津々の様子。

 ランチタイムのクスクスやカレーライスはビストロの名残だろうか。ランチと言ってもオールタイム注文でき、近所に勤める人たちに人気だ。


 週末には、茶道に興味を持つ外国人たちも訪れる。日本栽培の茶葉で作られた〈和紅茶〉もメニューに載る。「ここ10 年くらいは、置き去りにされたような町で」と言う本間さんに、「空気が澄んでいる、気持のいい場所です」と答える松下さん。俳優の心を刺激する出会いの時間があったようだ。

席につくとまず、梅干し、シソ、あられにお湯を注いだ飲み物が出される。松下洸平さん曰く「やさしい味」だと。外国人客に人気の点前付き抹茶は1,300円。黒ゴマパフェ800円、クリームあんみつ800円、 フルーツパフェ900円。甘いものとお茶のセットは900円で、甘いも のはおしるこ、アイスクリーム、豆乳ゼリーから選ぶ。日本茶二種の 比べ茶1,000円。日本茶は大きな葉の照りが美しい岡山美作のみま さか茶500円、京都のかりがね茶500円、佐賀嬉野の釜炒り玉露茶 600円、つゆひかりという品種に癒し効果がある静岡の湯日(ゆひ)深蒸し茶600円。和紅茶は、宮崎五ヶ瀬の香りがうれしい有機紅茶 ごかせ和紅茶600円、鹿児島屋久島のやくしま和紅茶700円、ほのかな甘みと日本茶葉ならではのキレが身上の静岡両河内の和紅茶800円。散歩の途中に寄りたい一軒。価格は税抜。

〔住〕渋谷区代々木3-38-12参宮ビル1F
[営〕12:00~18:00 〔休〕月曜・火曜

こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!