IL VISCHIO イル ヴィスキオ

 オーナーシェフの中田淳さんが2013年に開いた、参宮橋で初めての本格イタリアンレストランだ。〈ヴィスキオ〉とはイタリア語で〈宿り木〉の意味で、鳥が羽を休めるように、訪れる人の心が休まる店になればとの中田シェフの願いが込められている。

 また、宿り木はロマンチックな木でもあり、 カップルの特別な非日常の時間を楽しんでいただければ、とも。白を基調とした店内の大きな窓のすぐ向こうに、ホームに入線する小田急線の電車が見えた。

 豊かな料理を提供したいと言う中田シェフの言葉に、「好みの州の料理が食べられるのも魅力ですが、知らないイタリア料理に出合えるのが嬉しいですよね」とシェフの料理に心を弾ませる松下さん。

店の定番でもある青森県産の緑の卵のローマ風カルボナーラスパゲティ
中田シェフは、気軽に楽しむことのできる、だが野暮ったくないサービスをこころがける。

カウンター4席、テーブルは12席。ランチは、アミューズ、旬のお野菜のバーニャカウダ、本日のパスタ、自家製フォカッチャの平日限定バーニャカウダコース 1,500円、それに本日の肉料理が付くメイン付きランチコース2,100円、アミューズ、フォカッチャ付きの平日お勧めパスタ1,000円。土日のランチはメイン付きランチコースにデザート、コーヒーが付くおまかせコース2,600円のみ。ディナー は、前菜盛合せ、前菜1、前菜2、パスタ、お魚料理、自家製フォカッチャに、チーズ盛合せか、デザート盛合せか食後酒のいずれかにコーヒーのコースA、お肉 料理のコースB、いずれも4,700円。お魚とお肉料理の両方のコースC5,500 円。ディナータイムは席料として別途400円。誠に勝手ではございますが各テー ブルにつき同一コースでのご注文をお願いいたします、と申しわけなさそうにメニューに記されていた。水曜のディナーはオールタイムでアラカルのオーダーができ、1人の場合にはハーフポーションでも受けてくれる。その他の日は21時 以降であればアラカルトで注文できるが、初めての人ならシェフのセンスが光るコース料理が絶対オススメ。本日のミニ前菜5品盛合せ1,000円、緑の卵の ローマ風カルボナーラスパゲティ1,800円、北海道産蝦夷鹿のロースト木苺のソース3,000円。価格は税抜。

[住〕渋谷区代々木4-6-5A&U1F 
〔問〕03-5309-2366
〔営〕ランチ12:00~13:30L.O.、ディナー18:00~22:00L.O. 〔休〕月曜

こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!