Montana モンタナ

甘いものには目がない、という彦太さんが南口で見つけたのが自家製洋菓子の店〈モンタナ〉。創業は1965年というから55年の歴史がある。

2代目の鈴木貴司さんは、材料を吟味しながら昔ながらの伝統の味 を守りつつ、新しい菓子作りにも挑戦している。かわさき宙と緑の科学館、日本女子大学、多摩区商店街連合会、川崎商工会議所とのコラボで開発した焼菓子〈米彦〉は貴司さんのレシピによる米粉を使ったプリン味の焼菓子で、上にはキャラメル味のチョコが乗っている。「ボリュームがあって、美味しくて、安いを提供しているので、地元のお客様に長年ご愛顧いただいているのだと思います」と貴司さん。

イートインのコーナーも広く、店内は地元客でにぎわっている。

コーヒースポンジとチョコスポンジの間にバタークリームがサンドされクルミも入っている一番人気のダミエは賞味期限は5日間でカット360円、ロング2,750円、ハーフ 1,470円。やはり昔から大人気のモンブラン440円、バナナが中に入っていて生クリームとの相性も抜群のサンレモ370円、シュー生地の中にいちご、生クリーム、少し洋酒のきいたスポンジが入っているパリーブレスト490円、塩味がきいてこくがありくせになるモンタナ伝統のチーズケーキ440円、フワフワ食感でさっぱりした大きなドーム型のチーズスフレのスノードーム1,400円などショーケースには常時20〜30種類のケーキが並ぶ。

焼菓子も米彦200円、 6個入1,360円、12個入2,720円はじめ、クマの愛らしい形のハチミツ入りみつばちマドレーヌ190円など種類が豊富。イートインでいただくバナナジュースは530円、自家製ソフトクリームをのせたクリームソーダ500円。

〔住〕川崎市多摩区西生田3-9-22 〔問〕044-966-0324 〔営〕9:00〜20:00(喫茶は16:30L.O.、17:00まで) 〔休〕火曜・第3月曜


good fellows

Special Feature

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club