Italian バル×テラスHOME 狛江

 丸山さんとまず向ったのは駅南口。路地にはさまざまな飲食店が立ち並ぶ。そんななかで目にとまったのが〝ピザ、生パスタ、オール500円〞の看板。〈HOME〉というイタリアンバルらしい。ビルの狭い階段を3階まで上がる。

バルコニーはテラス席になっていて、テラスでビールとピザなんてよさそうだ。

 出迎えてくれたのは店長の伊藤紋子さんとスタッフの伊澤勇太さん。ピザも生パスタも全部500円なんですか」と、丸山さんの早速の質問に、「そうです。牛サーロインステーキや窯焼きハンバーグも500円です」と伊藤さん。「すごいな、ランチタイムでも今どき500円はないんじゃないかな」と、アスパラと厚切りベーコンピザと濃厚カボナーラを注文、そしてグラスの赤ワイン。

「僕、カルボナーラ大好きなんですよ、本当に濃厚で味が深いですね。ベーコンも美味い。500円だとピザとパスタの両方注文したくなりますよね」とご満悦。の丸山さんだった。


 きつい階段の先には居心地の良い食卓が用意されていたという感じだ。店名は、「家に帰ってきて飲み食いしているような気分を味わってほしい」という狛江出身のオーナーの思いが反映されたもの。また、大ファンであるMr・Children のアルバムタイトルにも由来する。2013年8月にはすぐ近所に姉妹店として和とイタリアンの立ち飲み〈和インバル 絵空〉を開店。イタリアンメニューに加え、ちょっとつまめる〈おばんざい〉も始めたということだ。人の出会いとは愉快なもので、丸山さんと伊藤店長がなんと同郷ということが判明し、故郷談議で大盛り上がり。帰る際には店の壁にサインを残すことになった。

アスパラと厚切りベーコンピザも500円だ。

ベークド オイスター1 個250 円(3個から)、ビーフストロガノフ バターライス添え1,575 円、オードブルの盛り合せ1,365 円、ポークソテー きのこソース1,050 円、仔牛のカツレツボロネーズ1,470 円、魚介類のムニエル1,680 円、ビーフシチュー サラダ・パン付2,100 円などの他、シチューコース3,150 円、シェフのおすすめコース3,675 円、スペシャルコース5,250 円のコース料理も人気だ。

〔住〕狛江市中和泉1-2-13
〔問〕03-3488-7232
〔営〕ランチ11:30 ~ 13:30L.O.、ディナー17:00~20:30L.O.
〔休〕火曜

*掲載当時の内容です。営業時間などお問い合わせの上、お訪ねください。

サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!