寿し屋の楠本

遠方からの客も呼び寄せる評判の寿し屋の確かな仕事


 風情のある佇まいの店、暖簾をくぐるったのは〈寿し屋の楠本〉。店主は楠本光秀さん。肴と寿しが一枚の皿に配置よく美しく盛られて、口で福を味わう前に、目で楽しませてくれる。一流の料理人には絵心があるときくが、まさに美味しいアートである。

肴は、いわしの昆布巻、塩でいただく白いか、タラの焼白子。なんともさわかで、口の中に旨味が広がる。冷酒を飲みたくなるが、ここはぐっと我慢。寿しは、とろ、赤身の漬け、小肌、平貝、醤油漬したイクラに穴子。〝しゃり〞が美味い、ネタの下ごしらえも十分で、楠本さんの仕事を堪能できる。

「しゃりの良し悪しで寿しが決まるといっていいほど、しゃりには神経を使います」という楠本さんの仕事ぶりに惚れ、週一藤沢から通う客もいるという。遠方からの客が圧倒的に多いそうだ。小さい頃から寿しが好きで、中学卒業と同時に父に弟子入りした息子さんの孝晟さんは、17歳(取材当時)。厳しい目を向ける親方だが、父としては嬉しい選択に違いない。



平成12 年のオープンというから、百合ヶ丘では比較的新しい店なのかもしれないが、評判はすでに遠方の寿し好きにも届いている。昼のおまかせ握りは3,300 円、小鉢3品と握りのおまかせコースは3,900 円。夜のおまかせ握りは7,000 円と10,000 円。料理と握りのおまかせコースは13,000 円。昼夜ともにお好みも楽しめる。

〔住〕川崎市麻生区百合丘1-18-12〔問〕044-951-1744〔営〕12:00~ 13:00 L.O. / 17:30 ~ 22:00 L.O.〔休〕月曜

*掲載時の内容ですので、営業時間・定休日が記載と異なる場合があります。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!