京懐石 りほう

相模大野駅周辺は、高層マンションも増え活気のある町で人口が増えている相模原市の中心だ。相模大野駅北口から3分の「京懐石 りほう」は、茶事や茶道のお稽古ができる場所が近隣になかったため、茶室のある懐石料理のお店として平成2年にオープンした。
「りほう」は漢字で表現すれば「璃芳」。いつも透明感のある料理心、食した後に、ガラスの輝きのように、心にゆかしい香りが残るようにとの思いを込めて名づけられた。
地階の店内は新進女流工芸家の手によるインテリアで、幻想的で雅な趣であるが、卓上の可憐な花など細かな心遣いを感じさせる。

「替わり弁当」1,296円、「一汁三菜」3,240円や「おまかせ」5,400円などのリーズナブルなメニューをはじめ、雪 6,480円、月 8,400円、花 10,800円、波12,960円など、本格懐石コースがある。個室やテーブル席などの部屋も用意されているので、家族や親戚との会食、結納や法要など様々な目的に合わせて利用可能だ。

また、「待光庵」「直心庵」「芳月」「静幸庵」の茶室があり、定期的にお茶会や茶道教室、茶事教室も開かれる。

住所相模原市南区相模大野3-13-13
問い合わせ042-745-4111
営業時間ランチ 11:00~16:00(最終入店時間14時)、ディナー17:00~23:00(最終入店時間21時)
休日不定休
サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!