後藤克芳ニューヨークだより“一瞬一瞬をアートする”

 後藤克芳(1936~2000)は、武蔵野美術学校の西洋画科を卒業後、64年ニューヨークへ渡り、生活の中の身近なものをモチーフとし、「木」を素材にしたポップアートに取り組みました。また多くの芸術家たちと交流をもち、山形新聞に「ニューヨークだより」を連載するなど、ニューヨークの文化や暮らしを日本へ紹介し続けたアーティストでもあります。
 後藤の作品群は、没後故郷の山形県の「米沢市上杉博物館」にもたらされましたが、本展では見る人を惹きつけてやまない作品が一堂に会します。


後藤克芳《青の静物》1959年 米沢市上杉博物館 通期展示
後藤克芳《LOVE LOCK》1989年 米沢市上杉博物館 通期展示

展覧会名:後藤克芳 ニューヨークだより 〝一瞬一瞬をアートする〟

会場:渋谷区立松濤美術館(渋谷区松濤2-14-14)
会期:2020年10月3日(土)~11月23日(月・祝)
前期:10月3日(土)~10月25日(日) 後期:10月27日(火)~11月23日(月・祝)
開館時間:10時~18時(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(11月23日は開館)、11月4日(水)
入館料:一般500円、大学生400円、高校生・60歳以上250円、小中学生100円
*土・日、祝休日は小中学生無料、毎週金曜日は渋谷区民無料、障害者および付添の方は1名無料
問い合わせ:03-3465-9421
HP:https://shoto-museum.jp