樫尾俊雄発明記念館 3

1974年10月「我が巨人軍は永久に不滅です」という名言を残して引退した長嶋茂雄。
その年の11月1日、カシオ計算機はデジタル腕時計「カシオトロン」を発売。まさに、“不滅”のベストセラー「G-SHOCK」誕生のルーツである。

電卓の技術を腕時計に活かす

樫尾俊雄(1925‐2012)を中心に、世界初の小型純電気式計算機「14‐A」を誕生させたカシオ計算機は、1972年、「世界初のパーソナル電子計算機」と銘打って、ストラップ付きで手のひらサイズの「カシオミニ」を1万2800円という破格で大々的に発売。数字と記号を入力するだけで一瞬にして計算結果がデジタル表示されることから「答え一発」というキャッチコピーとともに広く知られるベストセラー商品となる。

モデルチェンジを重ね、同時に低価格化も実現しながら、累計でおよそ1000万台を売った。この大ヒットによって、電卓といえばCASIOという企業イメージが定着してゆく。

しかし、樫尾俊雄はそこに安住していなかった。「時間は1秒ずつの足し算である」

それが樫尾俊雄のシンプルな発想であった。電卓の開発で培った技術は、デジタル時計に最も活かせると考えたのである。時計装置に関連する発明は、次々に特許を取得。ついに、1974年、カシオ計算機の腕時計1号機として、世界初のオートカレンダー機能を搭載した「カシオトロン」が発売される。時・分・秒(当初は10秒単位)をデジタル表示する機能に、31日ある大の月と、日数の少ない小の月を自動判別し、常に正しい日付を表示するオートカレンダーは画期的だった。

人気絶頂の山口百恵をテレビコマーシャルや広告のキャラクターに起用し、やがて「デジタルはCASIO」というフレーズは、カシオ計算機の代名詞ともなった。

電子計算機の発明、小型化、省電力化、さらに多機能化と発展させていった技術を生かした世界初のデジタル腕時計「カシオトロン」

 

「人々の役に立つ」が企業文化に

まだ世界中で誰も開発していない製品を自ら発明し、人々の役に立つことを希求してきた樫尾俊雄の生き方は、企業文化として育まれ、確実に次の世代へと受け継がれていく。若手社員たちが中心となって、1981年から、落下強度10メートル、防水性能10メートル、そして電池寿命10年の「トリプル10」というキーワードを掲げる新たな腕時計の研究開発が始まった。

その成果が結実した製品として1983年に発売されたのが「G-SHOCK(Gショック)」である。耐久性に優れたGショックは、その後、電波時計、ソーラー時計と多様かつ高度に進化していく。さらにファッショナブルなデザインの機種が数多く生まれ、2010年に全世界で累計出荷が5000万本を突破するという超弩級の記録を打ち立てた。

樫尾俊雄の東京・成城にある旧宅の一部を公開して2013年にオープンした樫尾俊雄発明記念館には、「時の部屋」と名づけられた一室があり、カシオトロンやGショックの実際の歴代モデルが展示されている。

まさしく日進月歩の変貌を遂げた軌跡が一目瞭然となって、開発者たちの息吹を今日に伝えながら、この瞬間も時を刻んでいる。

4年に一度の閏年まで自動処理を可能にした新しい「カシオトロン」は、閏年を暗示するように1975年2月28日の日本経済新聞一面を飾った

 

樫尾俊雄発明記念館

〔住所〕東京都世田谷区成城4-19-10
〔開館時間〕9:30 ~ 16:30
〔休館日〕土日祝日・年末年始等
〔入館料〕無料
〔見学申込〕完全予約制
[お申し込み]Webサイトからhttp://kashiotoshio.org/

こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!