Café Bar いーぐる

四谷駅から新宿に向かう新宿通りの地下、マイルス・デイビスやルイ・アームストロングのポスターが貼られている壁を見ながら店に入ると、落ち着いた色調の空間が広がる。ジャズ に関する著書も多くジャズ通に知らぬ人はいない後藤雅洋さんが1967年から始めた老舗のジャズ喫茶である。店の奥の壁に埋め込まれた大型スピーカーから迫力ある音が響く。午後6時までは基本的に会話は禁止で真剣にジャズを聴く時間 だ。6時以降はバータイムになる。「創業当初から10年くらい は、上智や早稲田の大学生が多かったのですが、だんだんと年齢があがりました。90年代ジャズの停滞期もありましたが、 ここにきてまた若い人が増えてきました」という後藤さん。レコード・CDを合わせ1万枚を超えるコレクションの中から、後藤さんが考え抜いた選曲は、約2時間でワンクールになっていて、曲のメニューが日誌に付けられている。「ここ数年ジャズは活性化しています。ドラマーなどの演奏技術のレベルや、グルーヴ感も上がってきています。自分の首を絞めてしまいますが、一番はコットンクラブやブルーノート東京で生を聴いてもらいたい。気に入った曲が見つかるはずです。うちは新譜も用意していますから」とも。18:00~20:00はハッピーアワーになっており、グラスワインとチーズ&オリーヴ880円、ハイネケンまたはフォアローゼスまたはバランタイン&ナッツ880 円などや、ランチタイムはパスタ各種とサラダとコーヒーがついて840円~、グラスワインをつけると1,040円~。店内は、〝ジャズの図書館〟といわれるほど書籍や資料が揃えられ、 土曜の夜には「いーぐる連続講座」があってそこでは選曲された曲の解説もある。往年のしきたりを守るジャズ喫茶の醍醐味を味わうことができる店だ。

〔住〕新宿区四谷1-8 ホリナカビルB1 〔問〕03-3357-9857 〔営〕11:00~23:50(月曜~木曜)、11:30~24:00(金曜)、 14:00~23:50(土曜) 〔休〕日曜・祝日


新着記事

おすすめ記事

成城学園前~住人御用達の看板店

いい街には、いい本屋がある

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club