映画『砂の器』─シネマ・コンサート2018─

©1974・2005 松竹株式会社/橋本プロダクション

原作者松本清張をして「原作を超えた」と言わしめた、日本映画史に燦然と輝く感動の大作『砂の器』。巨大スクリーンでの全編上映と、組曲「宿命」を含むフルオーケストラによる全曲演奏が、4月22日(日)NHKホールで開催されます。
昨年8月、会場を感動の涙で包んだ圧巻のシネマ・コンサートの再演です!

撮影は日本各地で敢行され、美しい四季折々の風景と共に描かれる。人間の宿命とは何かを問うクライマックス・シーンには、本作のために菅野光亮が作曲した「宿命」が劇的に流れる。セリフは極力抑えられ、ここでの主役は音楽。約40分の間に綴られる音楽と映像の融合が、本映画の真骨頂である。

【上映作品】  映画『砂の器』(松竹・橋本プロ=提携作品) 1974年10月19日劇場公開
【出演】    指揮/和田薫 演奏/日本フィルハーモニー交響楽団 ピアノ/近藤嘉宏

【日時】    2018年4月22日(日) 開場16:00/開演17:00

【チケット代金】 9,800円(全席指定・税込み 未就学児入場不可)

【問い合わせ】 ディスクガレージ050-5533-0888(平日12:00~19:00)

【公式サイト】 http://promax.co.jp/sunanoutsuwa/

 


新着記事

おすすめ記事

成城学園前~住人御用達の看板店

いい街には、いい本屋がある

浜美枝さんの箱根

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club