箱根登山鉄道、運転再開までの苦闘

Topic Interview


箱根湯本管区 管区長(駅長)

出縄 正さん

箱根湯本─強羅間を走る箱根登山電車の開通は1919年。昨年100年を迎えるという区切りの年だった。しかし、皮肉にもその年に100年に一度といっていいような大型の台風19号に見舞われ甚大な被害を受ける。20数か所に落石や倒木、特に、蛇骨陸橋付近や、大平台遂道(トンネル)付近は線路が寸断され、箱根湯本~強羅は不通となった。当初復旧は2020年秋と発表されたが、工事関係者はもちろん付近住民の理解と協力で全線開通は7月下旬に前倒しされ、5月11日からは試運転も始まった。箱根登山電車の中心駅箱根湯本駅駅長であり現場のリーダーである出縄正管区長(箱根湯本駅長)に現在の心境を伺った。
インタビュー:2020年6月5日

「線路がない」という報せ

―― 昨年の10月12日、台風19号が直撃した様子を時系列でお話しください。

出縄 10月12日の当日、大きな台風が来るのは分かっていましたので、私も箱根湯本の駅舎に泊まり込むつもりで出社しました。昼頃には電車がすべてストップし、駅へいらっしゃるお客様への案内をしたり、他の職員とともに駅舎にどこか異常がないかなど巡回していました。首都圏の電車が計画運休に入り、箱根へ来られるお客様はほとんどおらず、時折、誰もいないホームや駅前へ出て、被害状況の写真を撮りました。ちょうど駅の正面に走る国道一号線に沿う早川は、普段は穏やかな流れですが、その日は激しい濁流となって、橋が流されてしまいそうな勢いでした。とにかく外に出れば30秒でずぶ濡れになってしまうのですから。

── 聞きしに勝る台風でした。

出縄 運転指令所というのがありますので常に連絡を取り、また各駅のカメラ映像を私の端末でも見ながら各駅や施設をチェックしていました。カメラ映像で国道一号線と交わる小涌谷踏切を見ると、国道の上の方から大量の雨水が川のようになって踏切に流れる込む状況が映し出され、これはただごとではないぞ、と。暗くなりはじめる頃には、その勢いは川の流れどころではなかったです。夜の7時半頃から9時頃は暴風雨が一番強くなりましたが、この駅の構内、エスカレーター付近にも水が吹き込んできて、1時間半くらいかけてかきだしたりしました。台風がようやく去って穏やかになった頃仮眠し、目覚めてしばらくすると、「線路がない」と。線路が流されてなくなってしまったという大変な報せが入りました。

台風直後の大沢橋橋梁附近
復旧工事の進んだ大沢橋梁

1 2 3 4