映画は死なず 実録的東映残俠伝

―五代目社長 多田憲之が見た東映半世紀―

文=多田 憲之(東映株式会社 代表取締役会長)

ただ のりゆき
1949年北海道生まれ。72年中央大学法学部卒業、同年4月東映株式会社入社、北海道支社に赴任。97年北海道支社長就任。28年間の北海道勤務を経て、2000年に岡田裕介氏に乞われて東京勤務、映画宣伝部長として着任。14年には5代目として代表取締役社長に就任し20年の退任と同時に取締役相談役就任。21年6月、現職の代表取締役会長に就く。

企画協力&写真・画像提供:東映株式会社

第4回
北海道支社でのセールス四方山話

 

 1970年代後期、日本映画界には1本立て興行大作ロングラン・システムが登場する。そして、自主製作という姿勢を貫いてきた東映にも新たな時代が訪れようとしていた。他社との提携である。77年には、オフィス・アカデミーと組んで劇場版『宇宙戦艦ヤマト』第1作を公開し、角川春樹事務所と組んで『人間の証明』を公開した。その後も、『宇宙戦艦ヤマト』シリーズ第2弾、3弾の公開、『悪魔が来りて笛を吹く』『白昼の死角』『魔界転生』などを手始めに、多くの角川映画を配給することになるが、その話の前に、北海道支社でのセールスの話を少しご披露しよう。
 以前にも書いたが、東映に入社し、北海道支社に赴任した72年当時、半月かけて道内の映画館を回り、映画を売るセールスの仕事に憧れていた。スター中心の人気シリーズにより、製作、配給、興行までを固定するブロックブッキングを維持することで、映画会社が決定権を握り、映画館での年間の上映日程も映画会社のスケジュールで決まり、東映のセールスたちが他社に抜きん出て圧倒的な権利を持っていた時代である。セールスたちには半月分の出張手当が支給され、旅費も会社持ちで、各地での宿代や食費は現地の映画館持ちという慣例の中、出張手当に手をつける必要もなく、そのままセールスの収入になるという図式で、セールスたちは羽振りも良く、新入社員が先輩セールスを羨ましく思い、憧れるのも道理だろう。映画館を維持させるかという大義のもとに資金を効率的に運用して利益を出すかは、セールスの力量次第でいかようにも融通がきいた。私が、その憧れのセールスになったのは、入社して6年経った78年だった。

『昭和残俠伝』シリーズ、『日本俠客伝』シリーズと並ぶ、高倉健主演の代表的ヒットシリーズ映画『網走番外地』。1965年から73年まで全18作が製作された。67年の第10作までは、シリーズの生みの親とも言える新東宝出身の石井輝男がメガホンを取り、11作目以降は『新網走番外地』シリーズとして、マキノ雅弘や降旗康男が監督を手がけた。第1作が製作されたときは、鶴田浩二主演の『関東流れ者』の添え物映画で、しかもモノクロ作品だったが、高倉健が唄う主題歌と共に、予想外のヒットとなり、封切2週間足らずで第2作の撮影が開始されたという。ポスター画像は65年公開のシリーズ第1作で、ムショ仲間との〝手錠のままの脱獄〟の大雪原の逃亡劇シーンは、記憶に残る画となった。男性俳優たちによる男だけのドラマが爆発する中、シリーズでは大原麗子や、当時まだ東宝所属の星由里子が出演した回もあったが、やはり高倉健は男と向き合う芝居で、輝きを見せる。高倉健は本作で人気スターの地位を確立し、本シリーズは、最も絶望的な監獄と言われる網走刑務所の名を、日本全国に知らしめることとなった。©東映

 セールスになる以前は、営業管理というのが私の仕事だった。セールスという仕事の基本は、映画館をつぶさない、どんな小規模の映画館であっても、みんなが生活していけるように考えるということである。大都市の映画館なのか、地方の小都市の映画館なのか、どの程度のキャパを持つ映画館なのか、それぞれの映画館に無理のないように上映作品やスケジュールを考える。映画館の経営状態なども知っておく必要があった。そのためにも大切なのは、映画館からの集金だった。東映は未収金ゼロの会社であり、売掛金を認めない会社だった。なぜかと言えば、東映の歴史をたどると、昔からカネに苦しんだ会社だったからである。だから、すぐに現金を回収するという習慣がついていた。それをチェックするのが営業管理の仕事だった。
 そして、もうひとつ大事な仕事がある。毎日映画館の数字データをとって、それを基に支社長やセールス担当者とセールス会議を開き、セールス戦略を立てられるように資料を作る仕事である。たとえば、『仁義なき戦い』のシリーズ2作目は前作の130パーセントの興行収入が見込めるので、最低でも1作目の3割増しの契約ができるというようなことである。

 さて、78年、いよいよ憧れのセールスになるわけだが、入社当時に描いていたセールスの仕事とはまったく事情が変わっていた。「多田くんは最初のデスクセールス、出張しないセールスだ」と言われた。セールスを全部電話でやる、デスクセールスという辞令を拝領したのだ。しかも私一人だけの仕事だった。当時、私が一番若かったので、実験的にデスクセールスを仰せつかったわけである。出張がないので、出張手当などは当然なしである。私の思惑は、もろくも崩れ去った。
 実は東映では新入社員を採用していない時期がある。75年から81年まで、新入社員の採用がなかった。東映が多角的な経営ということで着手していたボウリング場を閉鎖したり、撮影所のブロックブッキング体制が崩れたりということで、余剰人員を抱えることになった。岡田茂社長は社員を解雇するということを決してしなかったため、余剰人員を抱えながら新入社員を採用することはできなかった。今思い返しても、その期間、若い人材を採用できなかったのは、いかにも残念である。
 通常、支社に3年間赴任すると、4年目には本社に戻るというのが東映の伝統だった。だから、本社に戻る前には半年間くらいかけて必死に若手を育てるのだが、新卒採用がないため育てる若手もいない。すでに中堅となっていた私たちの年代を支社長は手放さなくなっていた。中堅とは名ばかり、北海道支社では、まだ一番の若手だった。

1 2 3

こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様
森美術館

特集 special feature 

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!