仲村トオル

PHOTO MESSAGE 2017年7月1日号より


「舞台は訪れたことのない異国のような感じで、いままでに体験したことのない感覚を味わえる場所です」
撮影: 2 017 年5月23日 Bunkamura シアターコクーンにて

日生劇場『羅生門 女たちのまぼろし』で初舞台を踏んだのは、映画『ビー・バップ・ハイスクール』で俳優デビューて20年近く経った2004年でした。その初舞台の初日に拍手の音を聞いたとき、感動で泣きそうになってしまい、そのとき舞台の面白さというものを知ってしまいました。以降、毎年舞台に立たせていただいて、いろんなタイプの劇作家、演出家の方々と出会い、さまざまな経験をさせていただいています。そして今年も舞台に立ちます。前川知大さんの本、長塚圭史さんの演出による『プレイヤー』です(8/4~8/27 Bunkamura シアターコクーン)。

前川さんと組むのは今回で5度目です。初めて観た前川さんの芝居は『狂想のユニオン』で、前川さん特異のスタイルというのか、特別なものが出てこないSFといった趣の芝居でした。芝居のラストシーンでのセリフが、僕の頭にずっと残っていて、折にふれ思い出されます。それは「できることならば次に我々が持つ希望が、自分たちの手に負える程度に小さなものでありますように」といった感じのセリフで、これはすごい、僕の大好物な作風だと思ったんです。大志を抱けと言われるより、自分の手に負える程度の小さな希望というほうが、実人生にとってすごく有効なのではないかという感覚が、このことを人に話すたびに僕の中でクリアになってきます。長塚さんとご一緒するのは初めてで、長塚さんが描かれる僕の知らない景色の中に、登場人物の一人として存在できること、その点も、今回の芝居にすごく惹かれた理由の一つです。

まだ、台本も出来上がっていない状況ですが、新しい、まだ見たこともない景色が広がっているところに連れて行ってもらえるんじゃないか、前川さんの本、演出が長塚さん、劇場がシアターコクーン、そういう総合的なことで、これはなんだか面白くなりそうな匂いがするな、という勘のような期待感を抱いています。僕が舞台に臨むのは、知らない世界に行ってみたい、体験したことのない感覚を味わってみたい、というようなことなのかもしれません。

仕事を受け、その役をやりますということは、あなたの書くセリフを信じます、あなたの演出を信じます、お任せします、そして半分は俳優に任せてください、ということなのではないかと思っています。わからないと思うこともありますが、今はわかっていない自分にもきっとわかるときがくるだろう、このセリフには、この演出にはきっと自分にはわからないくらいの大きくて深い意味があるんじゃないかと感じていて、わからないということで立ち止まるということはないですね。

映像だけをやっているときには、演じている役柄の感情以外のことを考えるのは雑念だと信じていましたが、集中力があるというのは視野を狭くすることではなく、集中しているときほどフォーカスがあたっている部分以外のものも見えてくるのだということを舞台で実際に体感しました。

舞台には初めて訪れる異国に対するような感じをいつも抱いています。俳優人生の最初の20年近くは映像だけをやっていて、自分の中に閉塞感みたいなものがありました。そこで、この壁の向こうには何があるんだろうと乗り越えようとした壁には実はドアがついていて、ノックをしたら招き入れてもらえた。僕にとっては初舞台でそのドアを開けて以来、新しい国でそれぞれに違う景色を見せていただいているという場所、それが舞台ですね。


2017年7月1日 Vol.32より
こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!