8月20日(金)全国公開『孤狼の血 LEVEL2』主演・松坂桃李が語っていた3年前の『孤狼の血』

PHOTO MESSAGE 2018年4月1日号より

「劇場へ足を運んで観ていただく価値のあるクオリティ、そこに、映画人として緊張感を持って臨みます」
撮影:2018年3月6日 代官山スタジオにて Photo:言美歩

『不能犯』『娼年』に次いで2018年3本目となる映画『孤狼の血』。この映画は、深作欣二監督の『仁義なき戦い』や『県警対組織暴力』といった1970年代に製作された東映のお家芸とも言える「実録路線」の血脈に位置する映画で、暴力団同士の抗争とそれを阻止せんと立ち向かう警官との攻防劇が熱く展開されます。出演のオファーをいただいたとき、昨年『彼女がその名を知らない鳥たち』でご一緒した白石和彌監督とこんなに短い期間に再会できるという喜びが大きかったですね。その上バディ映画(註:主人公が二人一組で活躍するジャンルの映画)で、しかもバディのお相手が役所広司さん。『日本のいちばん長い日』以来の役所さんとも再会できる嬉しさがあり、自分がいままで触れたことがない刑事と暴力団という題材といい、興奮する要素満載で、断る理由なんてどこにもないと思いました。

これまで作品を作っている最中は、楽しいとか幸せだとか思う余裕があまりなく、完成した作品を見てさまざまなプロフェッショナルな人たちが集まって作り上げた作品の歯車に自分もなれたなという感覚を得られたときにはじめて、出られてよかったと思う感じでしたが、白石監督の撮影は、何が起るかわからないというのが楽しくて、驚きと緊張と興奮が一気に押し寄せてくるようなすごい現場の、そんな滅多に味わうことのできない空気感のなかに存在できて、すごく楽しかったなというような感覚を覚えました。

また、役所さんが主役として全員を包み込む現場での佇まいには大いに学ぶべきものを感じましたし、役所さんの傍で多くの時間を過ごさせていただけたことは僕にとって貴重な財産とも言える体験でした。日岡という今回の役には共感できる部分もあり、役が自身に近ければ近いほど自分が共感できるポイントを探りながら役を掘り下げ、どこか自分らしさというものを見つけて、表現しようと意識しますが、そういう意味では、日岡がバディである役所さん演じる大上に食らいついていくのと同様、僕自身も俳優として役所さんに食らいついていました。役所さんとバディを組んで一ヶ月以上、しかも地方ロケでずっと一緒にいさせていただけることって、この先にもそんなにあることではないと思うんです。同年代の俳優仲間に羨ましがられる体験ができたと自慢です。

作品をご覧になった方々から、新境地を拓いたと、お褒めの言葉をいただきましたが、俳優という仕事を始めて10年足らずなので、この先自分の思い通りの仕事をするためにも今はいろんなひきだしや扉を開けるということを大事にしている状況で、僕としては新境地が拓けたというより、この作品との出会いは30代になるためのこれ以上ないプレゼントのように思えます。

映画は劇場へ足を運んで観ていただかないことには始まりませんから、同じ映像作品でもテレビでは味わえないような、〝映画だからこそ〟という意味でのクオリティを持たせるという緊張感が僕にはあります。今回の作品は、東映映画のあの三角マークのロゴが映し出されるところから、劇場映画というものにどっぷり浸っていただける、必ずお釣りが返ってくる作品になっていると確信しています。

かつての「東映実録映画」の男たちのように、命を燃やす輝く男たちの生きる様を、僕と同じ若い世代の人たちにも感じとって欲しいと思っています。映画人の一人として誇りが持てるこの映画に参加できたことに感謝の気持でいっぱいです。

2018年4月1日 Vol.35より
こちらの記事もどうぞ

PR

サントリー美術館様

PR

きんでん

特集 special feature 

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

~江戸薫る 芝居小屋の風情を今に~

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

new 下北線路街にホテルが出現、「MUSTARD HOTEL SHIMOKITAZAWA」開業

下北線路街にホテルが出現、「MUSTARD HOTEL SHIMOKI...

下北沢に新しいホテルとエンタメカフェが誕生!

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!