鹿賀丈史

PHOTO MESSAGE 2013年1月1日号より

ミュージカル『シラノ』にかける思いを語る

撮影:2012年10月18日 フジテレビ楽屋にて /徳増純一郎

「映画やテレビをやっていてもどこかで舞台だけはずっとやり続けていたい。舞台というのは僕にとって最終的な仕事の場ではないかと感じています」

2013 年はミュージカル『シラノ』の再演でスタートです。『シラノ・ド・ベルジュラック』という作品は成就しない恋の物語ですが、悲しい部分もあればコミカルな部分もあり、感動的なクライマックスも用意されている非常によくできた名作で、今までにも多くの名優の方たちが演じ、日本でも長く愛され続けています。ミュージカル化で大事なのは物語と美しいメロディがうまく一つに溶け合うことだと思うのですが、『シラノ』は数あるミュージカル作品の中でも、作曲家ワイルドホーンによる優しく美しいメロディが強く心に響く作品に仕上がっているのではないかという気がします。

文芸作品をミュージカルにするのは非常に難しいのですが、09 年の初演ではもっとできることがあったのでは、というような反省点もやはりあります。人品いやしからぬ立派な剣豪であり、すばらしき詩人の心の持ち主でありながら、人並みはずれた大きな鼻がコンプレックスになり想う人に恋の告白もできず、ただ愛する人に無償の愛を貫き通すシラノ。再演に当りシラノという繊細な人物をさらにきめ細かく演じてみたいと思っています。


ロクサーヌとクリスチャンのキャストも初演時とは変り、おまけにダブルキャストです。相手が違うと当然芝居も変ってきます。それぞれの組み合わせの数だけこの芝居を楽しんでいただけるはずです。シラノの役は台詞も多く、歌も十数曲歌います。その両方をうまく組み合わせて表現する、そこがミューカルで演じる『シラノ』ならではの見せ所だと思います。低い声でしゃべっていながらスーッと高い声で歌う、台詞と歌との声の使いわけでその人物を面白く膨らませることができればと思っているのですが、それはミュージカルだからこその表現の面白味だといえるかもしれません。

劇団四季時代の『ジーザス・クライスト・スーパースター』から数えると僕のミュージカル歴も40 年目になりますが、その間に観客へのミュージカルの浸透度は格段に変化しました。初期のころにはどこか奇異なものを見るような観客の視線も感じましたが、今は舞台と観客席とが一体となっているのを実感するにつけミュージカルが日本の土壌にも根付いてきたのではないかと思います。僕自身にとっても成長できた40 年だと信じています。ミュージカルの大きな変遷という面白い時代にミュージカルと関れたことは非常に幸せなめぐりあわせでした。

ミュージカル、ストレートプレイといろいろな芝居を体験して芝居の面白みを実感でき芝居を続けていこうと思ったのが27 歳のころです。観客を前にして役の人物と自分自身が行き来する面白さを感じたのです。演じることをどこか冷静に客観的に見られたり、我を忘れるくらいその役そのものになっていたり、自分の精神をコントロールする面白さです。そして、僕がその芝居を楽しんでいる同じ瞬間を観客の方々にも楽しんでいただいているという共有感が俳優として一番の醍醐味ですね。

サントリー美術館様
森美術館

特集 special feature 

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!