こんな〝猫〟がいたらなぁ……、猫と青年の友情を描いた実話『ボブという名の猫2 幸せのギフト』が公開される

 2016年公開の『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』 という猫と青年の友情を描いた映画に涙した方も多いことだろう。  

 薬物依存を繰り返し家族からも見放されていた孤独な青年は、野良状態でケガをしていた茶トラの猫と出会い運命が変わる。ホームレス支援雑誌「ビッグ・イシュー」を道端で売ったり、ロンドンの街の中でギターの弾き語りをしたり、放浪生活の青年は「ボブ」と名付けた茶トラ猫をどこへも連れて行くようになり、やがて一人と一匹のコンビは街の人気者になった。そんな青年と猫の類まれな友情の実話『ボブという名のストリーキャット』は、世界30か国以上で出版され、シリーズ累計1,000万部を突破。さらに、映画化もされ、『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』は、英国を皮切りにドイツ、オランダ、ノルウェー、アメリカ、日本でも公開され世界中の人々を希望と感動で包み、大ヒットした。その続編が、5年を経て帰ってくる。

© 2020 A Gift From Bob Production Ltd. All Rights Reserved.

〝世界一有名な猫〟茶トラのボブは本作でも、本猫役で登場する。ベストセラー作家となったジェームズだが、なかなか2作目が進まない。「ボブ」も犬に襲われてケガをしたり、腐ったものを食べて病気になったり、動物福祉局の役人にも目を付けられる。果たして一緒にいることが幸せなのか、苦しい選択を迫られるジェームズ。どん底の青年と猫だったが、多くの人に愛されていたのだ。路上ライブの常連客や、近所の雑貨屋の店主、慈善団体の職員の女性、ジェームズが街で助けた女性など、みんながジェームズとボブを大切に思い、手を差し伸べる人たちがいた。そんな隣人たちの優しさに胸を打たれる。

 ジェームズの肩にちょこんと乗っかり、振り返られると得意気なボブが何とも愛らしい。ジェームズとボブのハイタッチは、何度か交わされるが、ほのぼのとさせられるシーンだ。

 ジェームズ役は、ルーク・トレッダウェイが続投。『ベラのワンダフル・ホーム』の監督、そして俳優として活躍するチャールズ・マーティン・スミスがメガホンをとった。

 しかし、重要なシーンをきちんと演じる「ボブ」の〝名演技〟に脱帽である。

 観終わって優しい気持ちになれる映画である。


配給:コムストック・グループ 
公式サイト:http://bobthecat.jp/

2月25日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー

                  

 

サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!