片岡仁左衛門、坂東玉三郎共演36年ぶりの奇跡の舞台を大スクリーンで!

シネマ歌舞伎

『桜姫東文章(さくらひめあずまぶんしょう)上の巻/下の巻』

 1982年(昭和57年)2月、京都南座で、〝孝玉コンビ〟と呼ばれ一大ブームを巻き起こした片岡孝夫(現・片岡仁左衛門)と坂東玉三郎のコンビによる『桜姫東文章』を観た。この芝居を観るためだけに京都へ出かけたのだった。お姫様ながら本能のまま、情熱のままに生きる桜姫、運命のおそろしさにおののき身を滅ぼす清玄、悪の魅力を強烈に放つ権助らによる肉体的で官能的なロマン、おののくほどの美しさだった。それは、大倉舜二氏撮影によるポスターにも表れていた。色鮮やかな着物が広がる中で、体を寄せ合う桜姫と権助。一緒に観劇したアメリカ人の友は、その大判ポスターを購入し、自室に張り続けていた。それ以来、彼は歌舞伎の虜になった。

 そして、2021年4月、36年ぶりに仁左衛門(前名 孝夫)と玉三郎の共演で『桜姫東文章』が上演されるとのニュースには、胸が躍った。ファン待望の再演だけあって、チケットはもちろん即日完売。チケットを入手できず多くのファンが涙を飲んだ。4月に「上の巻」が、6月に「下の巻」が上演された。仁左衛門と玉三郎の綾なす舞台は、一瞬たりとも目を離すことができなかった。82年当時から色褪せることなく、いやさらに美しさを増していた。濃密な濡れ場は究極の美しいエロスの世界であった。

 この奇跡の舞台がシネマ歌舞伎として4月に大スクリーンでよみがえるという。仁左衛門と玉三郎のインタビューに加え、シネマ歌舞伎ならではのカットや編集を盛り込み、ドラマティックな映像作品となっている。

『桜姫東文章 上の巻』©松竹
『桜姫東文章 下の巻』©松竹

 大河ドラマ「麒麟が来る」に主演し、玉三郎と共演した俳優の長谷川博己は、「瞬きから指先まで、格調高く繊細で優美な芝居が「寄り」でも見られる。スクリーンで観る意義はここにある!」とコメントを寄せ、玉三郎を主演に映画『夜叉ケ池』のメガホンを取った篠田正浩は、「貴族の姫でありながら淫乱な性欲から娼婦にまでおちぶれる桜姫を女形の坂東玉三郎が演じ、二役を担う片岡仁左衛門とのセリフの応酬からは、オペラのような音楽性が発揮され、シネマ歌舞伎として鑑賞できました。私の耳底は鶴屋南北と同時代を生きた小林一茶の俳諧とも響き合っています。 世の中は地獄の上の花見かな」(篠田正浩氏のコメントは一部抜粋・全文はシネマ歌舞伎HP内に掲載)と、人々を映画館へといざなう賛辞を贈っている。

『桜姫東文章 上の巻』©松竹
『桜姫東文章 下の巻』©松竹

 多彩なカメラワークで映し出される頽廃的な美の世界を楽しみたい。


シネマ歌舞伎『桜姫東文章(さくらひめあずまぶんしょう)上の巻/下の巻』

「上の巻」4月8日(金)より、「下の巻」4月29日(金・祝)より東京・東劇はじめ全国54館で公開

出演

「上の巻」片岡仁左衛門、坂東玉三郎、中村歌六、中村鴈治郎、中村錦之助、上村吉弥、中村福之助、片岡千之助、片岡松之助 ほか(令和3年4月歌舞伎座公演)

「下の巻」片岡仁左衛門、坂東玉三郎、中村歌六、中村錦之助、片岡孝太郎、上村吉弥、中村福之助、片岡千之助、嵐橘三郎 ほか(令和3年6月歌舞伎座公演)

www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/

サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!