アフリカの片隅で南と北が手を取り合った感動の人間ドラマ、『モガディシュ 脱出までの14日間』

『タクシー運転手 約束は海を越えて』(2018年、チャン・フン監督)を観たときの震えが蘇った。衝撃的な実話にもとづく人間ドラマは韓国映画が世界を圧倒しているといって過言ではない。韓国の民主化の闘いを描いた光州事件という実話が題材の『タクシー運転手』しかりである。そして本作はアフリカ、ソマリアの内戦が激化した1991年、命の危険にさらされた外国人たちの生死を賭けた脱出劇である。悲しいかな30年余を経た今も、ウクライナに戦禍が繰り広げられている現下の世界情勢に思いを馳せる。

だが、本作は互いに国家の宿命を背負っている、韓国と北朝鮮の大使館員たちの脱出劇が両国の暗い歴史に埋められることなく陽の目を見たことに心から感動する。〝脱出劇の真実〟は公には語れなかったというのだから。国連加盟の外交ロビー工作でしのぎを削っていたソマリアに駐在する韓国大使とその家族、激しく敵対していた北朝鮮の大使たちが、こともあろうに助け合って激化する内戦の砲煙弾雨の中をくぐり抜けることになろうとは! まさに「国か、命か――」映画化まで30年近くの〝時〟が必要だったのだろう。

(c)2021 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS & FILMMAKERS R&K All Rights Reserved. 

「独裁政府に協力した外国政府は出ていけ!」と、当時のソマリア、バレー政権を援助する国はすべて敵だと反乱軍は暴徒化する。戦場と化した首都・モガディシュ。大使館に石や火炎瓶が投げ込まれ通信手段も断たれる。ソマリアの武装警察に守られた韓国大使館に逃げ込む決意をする北朝鮮大使、「帰国したら粛清される」という声の中の決断だった。一方、韓国にとっても北を助けるなどあり得ないことだったが、彼らにも幼い子供たちがいた。前代未聞、韓国大使館内に北朝鮮大使館員とその家族が同じ屋根の下で夜を明かすのだった。しかし互いの警戒心と緊張感の中で声を潜めて退避しているだけでは、いずれ反乱軍に襲撃される。南だ北だと争っている場合ではない。「南北の全員が生きて脱出するぞ」と、戦場から生きて帰るために協力し合う途方もない脱出劇が展開される。

本作は2021年7月に韓国で公開されると、コロナ禍にもかかわらず観客が 押し寄せ、最終的には興行収入30億円を突破、2021年度の韓国映画№1の大ヒットとなった。その最大の話題作が7月、日本に上陸する。


『モガディシュ 脱出までの14日間』

7月1日(金)新宿ピカデリー、グランドシネマサンシャイン 池袋ほか全国ロードショー!

■監督:リュ・スンワン 
■出演:キム・ユンソク、ホ・ジュノ、チョ・インソン、ク・ギョファン、キム・ソジン、チョン・マンシク
■提供:カルチュア・エンタテインメント
■配給:ツイン、 カルチュア・パブリッシャーズ
■公式HP:mogadishu-movie.com

サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅が丘

光石研さんと梅が丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial