見納め?! 歌手活動休止直前の『 氷川きよし特別公演』華麗な芝居とヒット曲満載のショーの2本立て 明治座で6月3日(金)開幕

 2000年「箱根八里の半次郎」でデビュー以来、常に進化を続け、常に人々の耳目を集め、現在の日本歌謡界の最前線を走り続ける氷川きよし。演歌歌手としてデビューしたが、今や、唯一無二の〝氷川きよしジャンル〟を確立したとも言える活躍ぶりで、自身の可能性に挑み続けるその姿は、多くの人々をワクワクさせてくれている。

 芝居とショーの2本立てで構成される劇場での座長公演も、毎回大盛況のにぎわいを見せている。今年も2011年の6月の初登場以来、7回目の座長公演となる東京・明治座を皮切りに、大坂・新歌舞伎座、福岡・博多座、名古屋・御園座と、4都市の大劇場を駆け巡る。4か月連続で日本を代表する4つの大劇場で座長公演をするのは、演劇界でもきわめて稀有なことだろう。

 これまでは、銭形平次、ねずみ小僧など、時代劇芝居で魅力を発散していた氷川が、今回は初めてヨーロッパを舞台にした鮮度の高い芝居に挑むのも大きな話題である。母親の看病をしながら歌手を目指す若者が、18世紀のフランスにタイムスリップし、激動の時代を生き抜く人々との交流の中で成長していくという物語である。フランスが舞台ということもあり、豪華絢爛な衣裳やセットにも期待が寄せられる。公開されたビジュアルでは、『ベルサイユのばら』のオスカルや、アルセーヌ・ルパン、ジャンヌ・ダルクなど、フランス史を彩る人物を思わせる衣裳をまとった氷川きよしの姿が紹介されており、劇中でも変幻自在な姿が披露され、客席を大いにわかせることだろう。

 フランスを舞台に、というのは氷川自身が望んでいた内容で、ワクワクしていると氷川は語っている。そして、芝居は共演者やスタッフとキャッチボールしながら完成度を高めていくもので、日々進化していくものであると言い、「最初の頃は緊張度の高い新鮮な魅力があるとしたら、後半は完成度が上がった落ち着いた魅力に変わるような……」と、同じ内容でも1回として同じ芝居はないからこその芝居の魅力にも言及している。

撮影:浅見健一

 第二部は、「氷川きよしコンサート2022」と題されたショーが組まれており、往年のヒット曲満載の演歌のみならず、最新のロック、ポップスまで、ミュージシャン氷川きよしの魅力が、大劇場ならではの演出で、存分に披露されるはずである。デビュー時から、「老若男女、幅広い世代のお客さまに楽しんでいただきたい」という氷川きよしの歌の根底にある思いを基に、今回の歌謡ショーも構成される。そして、「氷川きよしにしか出せない氷川ワールド」を作りたい」と意欲をのぞかせていた。

 

 お客さまを前にすると、自分の中のスイッチが入り、お客さまを前にした喜びがパワーになると言う。本年いっぱいで歌手活動をしばらく休止するとの声明を出した氷川きよしだが、最高を求める姿勢はさらにパワーアップするばかりである。今回もさらなる新たな扉を開いた氷川きよしに出会える千載一遇の機会の幕が開いた。


『 氷川きよし特別公演』

第一部 ケイト・シモンの舞踏会~時間旅行でボンジュール~ 

作・ 演出:堤泰之
出演:氷川きよし 彩輝なお 山崎銀之丞 曾我廼家寛太郎 なだぎ武・星田英利(Wキャスト、愛知公演は星田英利のみ) 西寄ひがし 他

第二部 氷川きよしコンサート2022

◆東京公演
〔公演日程〕6月3日(金)~7月4日(月)
〔会場〕明治座
〔問〕明治座チケットセンター03-36666-6666(10:00~17:00)

◆大阪公演
〔公演日程〕7月23日(土)~8月5日(金)
〔会場〕新歌舞伎座
〔問〕新歌舞伎座テレホン予約センター06-7760-2222(10:00~16:00)

◆福岡公演
〔公演日程〕8月15日(月)~8月27日(土)
〔会場〕博多座
〔問〕博多座電話予約センター092-263-5555

◆愛知公演
〔公演日程〕9月5日(月)~9月15日(木)
〔会場〕御園座
〔問〕御園座チケットセンター052-308-8899(10:00~16:00)

サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅が丘

光石研さんと梅が丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial