映画『ストーリー・オブ・マイ・ワイフ』の主演レア・セドゥが妖しい魅力を放つラブストーリー

 本作のイルディコー・エニェディ監督は言う。「私の意図は、観客が映画館から出ていくときに、映画にある種の最終的な説明がないようにすることです。むしろ観客がもはや最終的な説明を必要としないことを成し遂げたかった」と。しかし、筆者が試写室を出た瞬間、谷崎潤一郎の『痴人の愛』が重なった。13歳下のナオミの奔放な行動に、君子のような模範的なサラリーマンの河合譲治が狂い嫉妬心に悶える。河合は田舎者で異性との交際経験もない。結婚に夢を託していたからだ。いたって真面目な女を知らない河合と船長という仕事柄、異性を愛することに飢えていたヤコブが結婚しようと突然思い立ったことが重なるのである。

(C)2021 Inforg-M&M Film  – Komplizen Film  – Palosanto Films  – Pyramide Productions  – RAI Cinema  – ARTE France Cinema  – WDR/Arte

 舞台は1920年のマルタ共和国。長い貨物船の航海を終えて陸に上がった船長のヤコブ(ハイス・ナバー)は、憑かれたように結婚を意識し、カフェに最初に入って来る女性と結婚すると友人に告げて賭けをすることから、この不可解なラブストーリーは始まる。初対面の若いフランス人女性、リジー(レア・セドゥ)と出会いプロポーズし結婚する。

 航海中の中年船長は、男である。パワフルで有能。船の火災にはリーダーシップを発揮して火災を鎮める。しかし例えは悪いが、ひとたび陸に上がれば河童も同然で、大柄な彼がどうにも無力で心もとない。そんなヤコブだから、若く美しいリジーの妖しいまなざしや肢体に溺れるのは当然。まして長い船旅が仕事の船長には、リジーにデダン(ルイ・ガレル)という若い男が近寄れば気が気でなくなるし、仕舞には嫉妬に狂う。男は弱い。

 それにしても客席にいる老いた筆者でさえ、スクリーンの女優レア・セドゥの小悪魔的な官能美に思わず唾をのんでしまう(笑)。同時に不可解なリジーの振る舞いに苛立つヤコブとナオミに翻弄される河合譲治が再び重なる! ネタばれは避けよう。言っておくが、これは三角関係を嗤うような下世話な話ではなく、不器用な男と女の「愛」の物語である。

第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品「ストーリー・オブ・マイ・ワイフ」8月12日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、ユーロスペースほかで全国公開

イルディコー・エニェディ監督:長編デビュー作「私の20世紀」(89)でカンヌ国際映画祭カメラドール、「心と体と」(18)でベルリン国際映画祭金熊賞に輝いた鬼才。

レア・セドゥ:カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作「アデル、ブルーは熱い色」(13)をはじめ、「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」(21)や「フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊」(21)など数々の作品でおなじみ。
配給: 彩プロ PG 12

サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅が丘

光石研さんと梅が丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial