歌・ダンス・芝居で坂本昌行が魅せる極上ミュージカル 『THE BOY FROM OZ』

 1970年代から80年代にアメリカを中心に活躍したオーストラリア出身のエンタテイナー、ピーター・アレン。アカデミー賞最優秀歌曲賞受賞曲になった映画『ミスター・アーサー』のテーマ曲でクリストファー・クロスが歌った「ニューヨーク・シティ・セレナーデ(Arthur’s theme)」、オリビア・ニュートン=ジョンの「愛の告白(I Honestly Love You)」、メリサ・マンチェスターやリタ・クーリッジが歌った「あなたしか見えない(Don’t Cry Out Loud)」など、数々の名曲を生み出している。“My songs are my biography”と語っていたピーター・アレンの生涯を、彼が生み出した名曲とともに綴るミュージカル『THE BOY FROM OZ』が、坂本昌行主演で上演中である。

 98年にオーストラリアで初演され、2003年にはブロードウェイで上演、ピ-ターを演じた同じくオーストラリア出身のヒュー・ジャックマンは、トニー賞のミュージカル部門で主演男優賞を受賞している。日本初演は2005年で、坂本は初演から、06年の再演、08年の再々演とピーター・アレンを演じ続けており、今回の公演は14年ぶりの上演となった。20年に3度目の再演が予定されていて、当時ピーターを演じる坂本は48歳を迎えており、「ピーターが亡くなった年齢と同じ年齢で演じることができるのは、何か運命のように感じている」と言っていたのを思い出す。残念ながら、コロナ禍により、その年の公演は見送られた。

撮影・阿部章仁

 今回の公演には、坂本同様、初演からの出演となるジュディ・ガーランド役の鳳蘭、ジュディの娘で結婚相手となるライザ・ミネリ役の紫吹淳、ピーターの母親役の今陽子が再結集している。さらに、ピーターの恋人グレッグ役には、19年のリーディングシアター『キオスク』では舞台単独初主演を飾った末澤誠也(Aぇ! group/関西ジャニーズJr.)が抜擢され、『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』など数々のミュージカルをはじめとする舞台で精力的に活動を続け、中止となった20年の公演でも新メンバーとして発表されていた宮川浩は、ピーターの父親と、敏腕マネージャーの2役で出演している。

撮影・阿部章仁

 オープニングからテンポのいいステージで、達者な大ベテラン勢に交じり、坂本昌行の歌唱がさえわたる。また、ダンスや所作にニュアンスのある表情を見せてくれる。17年の舞台Off-Broadway Musical『MURDER for Two』では読売演劇大賞優秀男優賞を受賞しており、舞台俳優としての地位を確立したとうかがえる座長ぶりである。また、初ミュージカルとは思えない末澤誠也の歌唱も魅力的である。

撮影・阿部章仁

 前回に続き演出を務めるフィリップ・マッキンリーが「まるで上品なワインのように熟成された作品になっている」と語れば、坂本もまた「初演から色褪せることのない作品」と応える。さらに鳳蘭は「ミュージカルは曲が命。再演を重ねると血管の中に曲が入り込んでくる。ミュージカルは、演じるたびに、演じ手も観客も感じ方がどんどん深くなっていく」と再演の大きな意義の実感を吐露する。ラインダンスなど、パフォーマンスシーンも華やかで、エンタテインメントの楽しさ、豪華さ、ドラマ性がつまったミュージカルと感じられた。

撮影・阿部章仁

 今回の初日は6月18日で、ピーター・アレンの命日である。この作品から、生きることのすばらしさ、生命賛歌のようなものがメッセージとして心に響いた。観るべきミュージカルとして、お薦めしたい。


『THE BOY FROM OZ』
 Supported by JACCS

演出:フィリップ・マッキンリー
振付:ジョーイ・マクニーリー
出演:坂本昌行
紫吹淳 末澤誠也(Aぇ! group/関西ジャニーズJr.) 宮川浩 今陽子 鳳蘭 ほか

東京公演
〔公演日程〕6月18日(土)~7月3日(日)
〔会場〕東急シアターオーブ
〔問〕東京グローブ座03-3366-4065

大阪公演
〔公演日程〕7月14日(木)~7月16日(土)
〔会場〕オリックス劇場
〔問〕キョードーインフォメーション0570-200-888(10:00~16:00※日祝休業)

サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅が丘

光石研さんと梅が丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial