new 22.06.23 update

自身の殻を常に破り続ける内野聖陽の新作舞台『 M.バタフライ』

 2019年の内野聖陽主演の舞台『最貧前線』を観たときの記憶は、今でも鮮烈に残っている。内野が演じたのは、第二次世界大戦末期、軍に徴用された漁船の漁師役だった。その野性味たっぷりの漁師役は、小名浜で漁師体験をして臨んだというだけあって、内野の身体からは潮の匂いまでもが発散されているような臨場感にあふれていた。「小手先だけで立ち回るのはカッコ悪い、人生をかけるつもりで毎回めぐり合う役と対峙し演じている」という内野の言葉が、役を通して伝わってきた。説得力のある芝居に魅せられた興奮は、今も心が憶えている。そして、「自分の殻を破ることが一番の快感だ」と、インタビューでも言っている内野の間もなく開幕する舞台が『M.バタフライ』だ。

 1960年代、文化大革命前夜の中国・北京が舞台。駐在フランス人外交官のルネ・ガリマールは、社交の場でオペラ『蝶々夫人』を披露した京劇のスター女優ソン・リリンに出会い、瞬く間に魅了され恋に堕ちていくが、その実、ソンは毛沢東のスパイであり、男だった……。あるフランス人外交官が国家機密情報漏洩という大罪を犯すほど愛におぼれた相手は、性別を偽った中国のスパイだったという事実を題材に、オペラ『蝶々夫人』を劇中に取り入れながら創作された戯曲で、88年に初演され、トニー賞最優秀演劇賞を受賞している。

 今回の舞台でルネを演じるのが内野で、ソン役は岡本圭人が務める。89年の日本初演は劇団四季公演で、ルネを日下武史、ソンを市村正親が演じ、90年にも同キャストで再演されている。市村の妖艶さが記憶に残る。今回は90年以来、32年ぶりの上演となる。また、94年に日本でも公開されたデイヴィッド・クローネンバーグ監督の映画『エム・バタフライ』では、ルネをジェレミー・アイアンズ、ソンをジョン・ローンが演じ、話題になった。

 ソンを演じる岡本圭人は、2018年から20年まで、アメリカ最古の名門演劇学校として知られるアメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツへ留学し、卒業後の21年には『Le Fils 息子』で、ストレートプレイ初舞台・初主演を飾り、岡本健一と父子役で、舞台共演が長年の夢だったという共演を果たしている。今回の舞台にも大きな期待が寄せられている。また、9月、10月には、ミュージカル『盗まれた雷撃 パーシー・ジャクソン ミュージカル』の主演も控えている。

 演出を手がけるのは、劇団チョコレートケーキの主宰者であり、俳優としても多数の作品に出演しながら、劇団内外のさまざまな作品を手がけている日澤雄介。読売演劇大賞優秀演出家賞を3度受賞、紀伊國屋演劇賞 団体賞を受賞するなど、人物を丁寧に描き出す手腕が、演劇界で高く評価されている。会話劇の内に、人間味を凝縮させ、ある種の極限状態にいる者たちの深い部分にまで肉薄しながら、俳優たちから純度の高い感情表現を引き出し、生々しい人間ドラマを描き出すに違いない。

 日澤の演出により、内野の何かが打ち破られるのではないかと期待する観客も多いだろう。観客以上に、内野自身が楽しみにしているに違いない。今回の役柄に、大いなる闘志をたぎらせながら向き合いつつ、どこかでニンマリしているのではないかと、つい想像してしまうのである。


原作:デイヴィッド・ヘンリー・ファン
翻訳:吉田美枝
演出:日澤雄介(劇団チョコレートケーキ)
出演:内野聖陽 岡本圭人 朝海ひかる 占部房子 藤谷理子 三上市朗 みのすけ

東京公演
〔公演日程〕6月24日(金)~7月10日(日)
〔会場〕新国立劇場 小劇場
〔問〕梅田芸術劇場0570-077-039(10:00~18:00)

大阪公演
〔公演日程〕7月13日(水)~7月15日(金)
〔会場〕梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
〔問〕梅田芸術劇場06-6377-3888(10:00~18:00)

福岡公演

〔公演日程〕7月23日(土)~7月24日(日)
〔会場〕キャナルシティ劇場
〔問〕キョードー西日本0570-09-2424(平日・土日11:00~17:00)愛知公演
〔公演日程〕7月30日(土)~7月31日(日)
〔会場〕ウインクあいち 大ホール
〔問〕メ~テレ事業052-331-9966(祝日を除く月~金10:00~18:00)

サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅が丘

光石研さんと梅が丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial