吉田羊、大原櫻子はじめ個性豊かな俳優陣のエネルギーが激突! シス・カンパニー公演『ザ・ウェルキン』

 チラシに並ぶ、俳優たちの名前を見ただけで絶対観たいと思わされた。まずは、映像作品でも演技者として作品の要を務めながら、舞台でも多くの観客を惹きつけている吉田羊と大原櫻子。吉田は2021年の女性だけによる芝居『ジュリアス・シーザー』でブルータスを演じ、初のシェイクスピア劇という高い山を見事に登り切り、紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞している。また、大原櫻子は本年1月の舞台『ミネオラ・ツインズ』で、正反対の性格を持つ双子の姉妹を、なんとも刺激的に演じ、観客たちに、舞台女優としての大いなる可能性を植えつけてくれた。この2人が共演するのが、英国演劇界期待の若手劇作家ルーシー・カークウッド作の『ザ・ウェルキン』。

 人々が75年ぶりに「天空」(タイトルは英語の古語で天空を意味する)に舞い戻ってくるという彗星を待ちわびる18世紀の英国の田舎町。少女サリーが殺人罪で絞首刑を宣告されるが、サリーは妊娠を主張。妊娠している罪人は死刑だけは免れることができるのだ。その真偽を判定するのは妊娠経験のある12人の女性陪審員たち。その中心に立ち、サリーに公正な扱いを受けさせようと心を砕く助産婦エリザベス(リジー)。凶暴さをむき出しにするサリーに対峙するリジーの言動が、この物語を牽引していく。吉田がリジーを、大原がサリーを演じるが、この2人の俳優としての対峙が面白さを予感させる。

 そして、妊娠を主張するサリーにリジー同様向き合いながら、自分自身とも葛藤していく11人の女性たちにも、芝居に奥行と深みをみせてくれるに違いないベテラン勢から、芝居に新しい風を吹き込んでくれるであろう若手まですてきな俳優たちが揃った。個人的な興味で恐縮だが、本年度読売演劇大賞で杉村春子賞に輝いた那須凜が、どんな芝居を見せてくれるのかも楽しみである。昨年の舞台『ザ・ドクター』で、主演の大竹しのぶを相手に、その名の通り〝凜〟と演じた若手医師の役は印象的だった。さまざまな色彩と表情をもった女性たちの芝居が、法廷の審議室で展開される13人の女たちによる台詞のぶつかり合いにより、サスペンスフルな物語を、演劇的面白さとしてもさらにサスペンスフルに観客を物語へと引きずり込むはずだ。そして現在にも残る女性たちが受けてきた苦難の歴史を浮かび上がらせるのが、男性支配社会の象徴的な姿を映し出す役割を担う、芝居のスパイス的な存在となる、声の出演の段田安則はじめとする男優たちである。

 今回演出を手がけるのは、18歳でイタリアに渡り、映像演出について学び、帰国後に20歳で「劇団た組」を立ち上げた気鋭の劇作家・演出家の加藤拓也。シス・カンパニー公演でも、『たむらさん』の作・演出、『友達』の上演台本・演出を務めている。映像でも古田新太が主演した連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」の脚本や、斬新な着眼点と、台詞が話題になった吉田羊も出演していた連続ドラマ「きれいのくに」の脚本でも、ダークファンタジーをたっぷりと味わわせてくれた。今回が、初の翻訳戯曲への取り組みとなった。

 原作、演出、俳優たちのスリリングなめぐり合わせによるこの芝居は、本邦初公演である。


作:ルーシー・カークウッド 翻訳:徐賀世子
演出:加藤拓也
出演:吉田羊 大原櫻子
長谷川稀世 梅沢昌代 那須佐代子 峯村リエ 明星真由美 那須凜
西尾まり 豊田エリー 土井ケイト 富山えり子 恒松祐里 神津優花 田村健太郎 土屋佑壱
(声の出演)段田安則

<東京公演>
〔公演日程〕7月7日(木)~7月31日(日)
〔会場〕Bunkamuraシアターコクーン
〔問〕Bunkamura チケットセンター03-3477-9999(10:00~17:00)

<大阪公演>
〔公演日程〕8月3日(水)~8月7日(日)
〔会場〕森ノ宮ピロティホール
〔問〕キョードーインフォメーション0570-200-888(11:00~16:00 日祝休業)
※小学生未満のお子様はご入場いただけません。

サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

特集 91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

town story 丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅ケ丘

town story 光石研さんと梅ケ丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

town story 千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

town story 松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

town story 鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

town story 蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!