黒澤明を育て三船敏郎を見出した、昭和の映画監督・山本嘉次郎 21作品が上映される!@国立映画アーカイブ

 映画監督の山本嘉次郎、という名をご記憶の向きは、団塊の世代からちょっと上の映画好きだったに違いない。筆者の記憶は、NHKのバラエティー「それは私です」の解答者で、好々爺のようなヒゲを蓄えた山本である。珍しい体験や経歴、技能、職業を持った一般人が3人登場し、「それは私です」 と名乗る。山本嘉次郎たち著名な解答者がさまざまな質問をぶつけ、〝ホンモノ〟の「私」を探し当てるクイズ番組だった。ホンモノほどトボケてみせ、ニセモノは簡単には正解されないように装い、3人3様の珍解答で笑わせた。山本は、このお茶の間の人気番組の初めからレギュラー解答者で、確か最後まで務めていたはずだ。安西愛子、池部良、中村メイコ、曽野綾子も解答者で、途中からゲスト解答者に各界の著名人が加わった。山本はどちらかというと寡黙で穏やかで紳士的でいつもニコニコしていながら、時に図星を指すような質問を発していた。

山本嘉次郎(1902~1974)

 明治35年(1902)3月15日生まれ、今年生誕120年。この節目に国立映画アーカイブでは、企画上映「生誕120年 映画監督 山本嘉次郎」を開催するという。映画人・山本嘉次郎の作品はもとよりその功績をテレビのバラエティーでは知りえなかった〝映画大好き団塊の世代〟にとって、嬉しい企画である。

『ホープさん サラリーマン虎の巻』©1951 TOHO CO., LTD.

 日本映画の黄金期を支えた山本嘉次郎は、喜劇王エノケンのミュージカル・コメディや戦後のサラリーマン喜劇、戦記物、カラー作品など、東宝が新たな挑戦をするときにその第一作を監督し、各ジャンル・領域のパイオニアとして活躍する。撮影所の重鎮でもあり、黒澤明を育て、三船敏郎を見出すなど、後の日本映画の代表的存在を送り出したことも功績のひとつだろう。現存が確認されている『青春醉虎傳』(1934)以降の代表作(21作品)が厳選されて上映、この夏、偉大な業績を振り返るまたとない機会がやってくる。(文:ライター 村澤次郎)

厳選された21作品にはニュープリントもある

 山本嘉次郎は戦前にエノケン(榎本健一)と組んでミュージカル・コメディを数多く送り出した。戦後には、東宝のサラリーマン喜劇の先駆けとなる『ホープさん サラリーマン虎の巻』(1951)、『坊っちやん社員』(1954)、『續 坊っちやん社員』(1954)などで新境地を拓く。また、『天才詐欺師物語 たぬきの中の狸』[『天才詐欺師物語 狸の花道』改題](1964)では、サイレント時代の喜劇映画にオマージュを捧げて、狂騒的なまでの喜劇を展開している。

『天才詐欺師物語 たぬきの中の狸』 ©1964 TOHO CO., LTD.

 また劇映画にドキュメンタリー的タッチを導入したことも山本嘉次郎のパイオニア的な一面である。農村で仔馬の世話をする少女を描いた『馬』(1941)、少年作家の原作をもとに戦時中の疎開の苦難をテーマにした『風の子』(1949)など、取り上げられることが少なかった題材に対し、写実的なアプローチを試みた。また、『標髙8125米 マナスルに立つ』(1956)では、日本人登山隊による世界初登頂を撮影したフィルムを託され、隊員らの登頂の苦心が伝わる重厚な人間ドラマとして構成されている。

 なお、『吾輩ハ猫デアル』(1936)、『風の子』(1949)、『坊っちやん社員』(1954)など9作品がニュープリントで上映される。


上映作品(21作品)

青春醉虎傳』(1934)、『坊つちやん』(1935)、『エノケンの近藤勇』(1935)、『吾輩ハ猫デアル』(1936)、『エノケンのちゃっきり金太[総集篇]』(1937)、『藤十郎の戀』(1938)、『孫悟空』[前後篇](1940)、『』(1941)、『加藤隼戰鬪隊』(1944)、『明日を創る人々(1946)、『風の子』(1949)、『春の戯れ』(1949)、『ホープさん サラリーマン虎の巻』(1951)、『花の中の娘たち』(1953)、『坊っちやん社員』(1954)、『續 坊っちやん社員』(1954)、『暗黒街』(1956)、『標髙 8125 米 マナスルに立つ』(1956)、『東京の休日』(1958)、『孫悟空』(1959)、『天才詐欺師物語 たぬきの中の狸』[『天才詐欺師物語 狸の花道』改題](1964)

開催概要
企画名:生誕120年 映画監督 山本嘉次郎
会 期:2022年8月2日(火)~8月28日(日)
※本特集の休映日:月曜日および8月 5日(金)~6日(土)
会 場:国立映画アーカイブ 小ホール[地下1階]

詳しくは、HP:https://www.nfaj.go.jp/exhibition/yamamoto202207/
お問合せ:050-5541-8600(ハローダイヤル)

サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

特集 91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

town story 丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅ケ丘

town story 光石研さんと梅ケ丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

town story 千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

town story 松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

town story 鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

town story 蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!