雨降山 大山寺

〈雨降山 あふりさん 大山寺〉は奈良東大寺を開いた良弁が開山した。良弁を継いで行基の高弟である光増和尚が二世となり、その後第三世として弘法大師が大山に入った。現在の住職は篠宮聖尚さんが勤める。ご本尊は不動明王で、心をこめて参拝する者に分け隔てなく現世の悩みや苦難を助けてくださるということで、春日局も山にこもり家光が世継になるよう不動明王に祈願したという。

紅葉の季節は山が真っ赤に染まり大勢の遊山客で一番のにぎわいを見せるというが、若葉の季節の大山寺は緑が目にも清清しく心が洗われる。

厄除け・開運の〈かわらけ投げ〉なるものができるというので、眞島さんも開運を祈念してトライすることに。かわらけとは天下干しの土器で、投げて厄を落し、砕いて厄を払い、崖下にある直径2・5メートルの福輪を通すと願いが叶うらしい。「輪をくぐらせるのは、ちょっと難しいな」といいながらも早速挑戦。いつのまにか周囲にギャラリーが集まり「あっ、おしい」との声が上がる。残念ながら輪を通すことはできなかったが、投げるだけでも厄落しである。鐘楼の鐘は誰でもつくことができる。眞島さんも心静かに鐘をつく。「ゴーン」と余韻のある鐘の音は心にしみいるありがたい音がした。大山詣での帰路は、江の島の弁財天に詣でて精進落しをするのが江戸庶民たちの主流であった。両方参詣しないと片参りといって忌んだという。

雨降山 大山寺

通称〝大山のお不動さん〟と親しまれ、関東三大不動の一つに数えられる。文永年間に鋳造された本尊鉄鋳不動明王と二童子像は国の重要文化財に指定されている。かわらけ投げの土器は2枚300円、鐘つきは200円。
〔住〕伊勢原市大山724 〔問〕0463-95-2011

こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!