久世光彦

profile

撮影:立木義浩

くぜ てるひこ

1935年、東京都杉並区阿佐谷に生まれる。60年に東京大学文学部美学美術史学科卒業後、ラジオ東京(現TBSテレビ)入社、演出家、プロデューサーとしてテレビ史に残る数多くの作品を制作。78年にTBSを退社、カノックスを設立。同年映画『夢一族』で映画監督デビュー。また、87年に出版された処女作『昭和幻燈館』を皮切りに作家活動を開始。小説、エッセイ、評論など幅広く執筆活動を行う。テレビの演出に本文で紹介の他「真田幸村」「おはよう」「さくらの唄」「虹子の冒険」「向田邦子新春ドラマ・春が来た」「刑事ヨロシク」「あとは寝るだけ」「危険なふたり」「恋子の毎日」「花嫁人形は眠らない」「艶唄・旅の終りに」「キツイ奴ら」「明日はアタシの風が吹く」「華岡青洲の妻」「雁」「にごりえ」「夫婦善哉」「恍惚の人99」「碧空のタンゴ」「センセイの鞄」「夏目家の食卓」など多数の作品がある。ドラマ「女正月」他の演出で芸術選奨文部大臣賞、作詞を手がけた香西かおり「無言坂」でレコード大賞、小説『一九三四年冬─乱歩』で山本周五郎賞、小説『聖なる春』で芸術選奨文学部門文部大臣賞小説賞、小説『粛々館日録』で泉鏡花文学賞、さらに紫綬褒章など受賞・章歴多数。97年『浅草慕情─なつかしのパラダイス』で初の舞台演出以後、毎年舞台演出にも取り組んだ。06年に70歳で永眠。

サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!