秋山庄太郎

1920年東京・神田生まれ、父富三は千葉県鋸南町出身で青果商。3歳まで横浜で育ち、関東大震災被災後、目黒・五本木、谷中・清水町などに居住。13歳のとき、愛犬が背伸びをするところを撮ったのが最初の写真で、以降、趣味となる。府立第八中学校(現・都立小山台高校)を経て、早稲田大学商学部卒業。大学在学中、資生堂社長で写真家の福原信三が主宰する「日本写真会」で作品『猫を捨てる』が福原から評価される。戦後、銀座に写真スタジオ「秋山写真工房」設立後、近代映画社勤務、1951年フリー。日本写真家協会、日本広告写真家協会、二科会写真部、日本写真協会、全日本写真連盟、日本写真芸術専門学校などで要職をつとめ、写真界の発展に尽力。紫綬褒章・旭日小綬章受章。「週刊現代」(講談社)とライバル誌「週刊ポスト」(小学館)の表紙連載を四半世紀にわたってほぼ同時期に担当。「女性」ポートレートをはじめ、「舞台俳優」「文士」「芸術家」「政治家」「子供」のほか、「花」「風景」「人形」「静物」「伝統工芸」「動物」「スナップ」など撮影ジャンルは多岐に及ぶ。2003年畏友林忠彦を記念する写真賞選考会場で急逝。2007年遺志に基づき東京・南青山のアトリエに秋山庄太郎写真芸術館設立。写真による福祉支援も目的として2002年に自ら創設した「秋山庄太郎『花』写真コンテスト」では、災害被災地の施設等に入賞作品や秋山庄太郎撮影作品を寄贈しつづけている。主著に、記事内掲示のほか、『おんな・おとこ・ヨーロッパ』(文藝春秋新社、1961年)、『花・女』(主婦と生活社、1970年)、『作家の風貌 一五九人』(美術出版社、1978年)、『画家の風貌と素描』(サン・アート、1980年)、『花―365日』(小学館、1990年)、『薔薇よ! Rose365』(集英社、1997年)など。映像作品では『花舞台』[音楽:中村由利子](CBS/SONY、1990年)、『MELODY』[同](スリーノーマン、2012年)などがある。

サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!