new 21.06.30 update

第1回プロローグとしての私小説的映画体験


映画は死なず 実録的東映残俠伝

―五代目社長 多田憲之が見た東映半世紀 1972~2021―

文=多田 憲之(東映株式会社 代表取締役会長)

ただ のりゆき
1949年北海道生まれ。72年中央大学法学部卒業、同年4月東映株式会社入社、北海道支社に赴任。97年北海道支社長就任。28年間の北海道勤務を経て、2000年に岡田裕介氏に乞われて東京勤務、映画宣伝部長として着任。14年には5代目として代表取締役社長に就任し20年の退任と同時に取締役相談役就任。21年6月、現職の代表取締役会長に就く。

企画協力&写真・画像提供:東映株式会社


 2020年11月18日、東映株式会社代表取締役グループ会長・岡田裕介が死んだ。当日は、午前中出社し、午後、自宅で吉永小百合さん主演の『いのちの停車場』の打ち合わせの最中に倒れた。まさに急逝であり、誰もがこの突然の訃報をにわかに信じることができなかった。役者が舞台の上で死ぬ、そんな印象の死だった。2021年3月10日に「お別れの会」が催されたが、新型コロナウイルス感染拡大防止対策により、日本映画界に多大な貢献をした映画人を見送るにはいささか寂しいお別れだった。それでも、映画の灯を消さないよう、さらなる映画界の発展のために、岡田会長同様、映画を愛し、闘ってきた同志である多くの映画人たちが岡田裕介との早すぎる別れを惜しみ、哀悼の辞を寄せた。本来ならば、岡田会長の遺影を前に、映画人たちがにぎやかな映画話に花を咲かせながら、見送ったはずだ。東映入社以来28年間ずっと北海道勤務だった私を東京に呼び寄せたのは岡田裕介だった。いままで人生を振り返ることなどなかったが、東映に入社してからのことが次々に思い出された。

 私が東映に入社したのは1972年だから、来年で半世紀を東映と過ごしたことになる。実は某大手精密機械会社から内定が出ていたが、気持が定まらず、まだ就職が決まっていない友人に付き添い就職部に求人票を見に行った。掲示板に貼られた当時はガリ版刷りの求人票の中で、ひと際目立つ唯一カラー印刷の貼り紙に目を奪われた。東映の求人票だった。そこには劇映画日本一、テレビ映画日本一、教育映画日本一などなど、多くの日本一を謳うコピーが記されていた。映画会社に入りたいと思ったことなど一度もなかったのに、東映という会社に興味が湧いた。当時の学生にとっては、映画会社というのは異次元であり、別世界だった。映画を観るのは好きだが、映画会社で映画の仕事に携わるなんて、想像すらしたことがなかった。もしかすると、大好きな〝緋牡丹お竜〟こと藤純子(現在の富司純子さん)に会えるかもしれない、高倉健に会えるかもしれない、そんなミーハー心が疼いた程度の理由で、入社試験を受けたのだった。確たる目的や志があったわけでもなかった私が、よく受かったものだと思う。

1958年公開『旗本退屈男』。市川右太衛門当たり役の人気シリーズで戦前には1930年の『旗本退屈男』を第1作に38年まで9本が作られ、戦後は50年の『旗本退屈男捕物控 前編 七人の花嫁』から63年『旗本退屈男 謎の竜神岬』まで全21作が作られた。ポスター画像は、シリーズ第23作で、市川右太衛門三百本出演記念と謳われており、片岡千恵蔵はじめ、大友柳太郎、錦之助、橋蔵、丘さとみ、大川恵子、桜町弘子など、オールスター・キャストで製作された。©東映

 映画少年、映画青年というような熱心な映画ファンではなかったが、映画しか娯楽がなかったから子供の頃から映画をよく観ていた。人生初めての映画は、4歳の時に祖父母と一緒に観た市川右太衛門主演の『旗本退屈男』だったことをかすかに憶えている。当時は仕事を終え晩飯の後の楽しみといえば映画くらいのものだった。実家は呉服屋を商っていたが、両親も店を閉め晩飯を済ませると、夫婦連れだって映画を観に行くのが唯一の楽しみだった。私は末っ子で必ず両親について行く。そのたびに帰れと𠮟られる。

 やっと夫婦2人だけの時間を持てるのに、私が映画を観ながら「なんで、どうして」などとうるさく質問を浴びせるものだから、落ち着いて映画も観られない、とぼやいていた。夫婦の時間に水を差す迷惑なおじゃま虫だったようだ。初めて父親と一緒に観た映画は、満蒙の原野に跳梁する馬賊の反逆児の半生を描いた檀一雄の小説の映画化『夕日と拳銃』で、7歳のときだった。時代劇俳優の東千代之介の現代劇初出演作で、高倉健も出演していた。子供の頃から東映映画に馴染んでいたわけだ。

初めて父親と観た映画として、筆者の個人映画史に刻まれる1956年公開『夕日と拳銃 日本篇/大陸篇』。伊達政宗の血筋である伊達伯爵家に生まれるも、人間的スケールの大きさゆえに日本を飛び出し得意の拳銃を手に満州で馬賊となった伊達麟之介を主人公に、大陸の雄大な荒野を舞台に繰り広げられる壮大な夢に彩られたストーリーで、64年には当時売り出し中の工藤堅太郎を主役にテレビドラマ化されヒットした。多田少年の心も大いに搔き立てられたに違いない。©東映
日動映画社が東映に吸収され、東映動画株式会社として発足し、初の劇場用長編作品となったのが、〝東映長編動画〟の第1作である1958年公開の『白蛇伝』。森繫久彌と宮城まり子が声色を使い分けてすべての登場人物を演じた。初期の東映動画は、アニメーターの養成機関でもあり、いまや映画界を支えるまでに成長した日本アニメーションの土台を築いたのが『白蛇伝』だったと言えるだろう。このアニメ映画は、パンダを初めて登場させた日本映画ではないだろうか。©東映

1 2

PR

サントリー美術館様

PR

きんでん

特集 special feature 

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

~江戸薫る 芝居小屋の風情を今に~

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

聖火リレー辞退、加山雄三の人生観

聖火リレー辞退、加山雄三の人生観

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

ホテルにいながら世界の街へ! 小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの食で味わう海外旅行

ホテルにいながら世界の街へ! ...

小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの提案

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕...

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial