第1回 プロローグとしての私小説的映画体験

1954年に公開された『新諸国物語 笛吹童子 第一部 どくろの旗』。子供向けラジオドラマとして人気を博していた北村寿夫原作のNHK連続放送劇に着目し、51年に創立して間もない東映が映画化したヒットシリーズの一作。『新諸国物語』シリーズには他にも「黄金孔雀城」「七つの誓い」「紅孔雀」などのシリーズがあり、中村錦之助、東千代之介、大川橋蔵、伏見扇太郎らの若手スターたちが活躍する場となり、知恵蔵、右太衛門らによる大人の時代劇と合わせて時代劇王国としての地位を築くことになる。だが、このシリーズは〝東映娯楽版〟と銘打たれ、新作2本立の製作配給の併映作品としての、あくまでも本編の添え物だったが、竜が空を飛んだり、さまざまな妖術シーンなどの特撮が見せ場で、製作費もかかったに違いない。だが、それを超える大ヒット作となり、東映黄金時代を迎えることになる。©東映

 1950年代の東映は、中村錦之助(後の萬屋錦之介)、東千代之介主演の『新諸国物語 笛吹童子』などの子供向けの連続活劇シリーズ、右太衛門、片岡千恵蔵、大友柳太郎、大川橋蔵、錦之助主演の大人の時代劇で、時代劇王国の地位を確立し、日本初の長編カラーアニメ映画『白蛇伝』で、日本アニメ映画の基礎を築き、57年の『鳳城の花嫁』では東映シネマスコープを導入し、ワイドスクリーン時代を日本映画に招聘するなど、急速な発展を見せ、邦画界を牽引し、独走態勢に入るほどの勢いだった。東映全盛時代と言えるだろう。東映以外で観ていたのは東宝の『ゴジラ』くらいだった。

 中学生になると、姉の影響で『ウエスト・サイド物語』や、スタンリー・キューブリック監督の『スパルタカス』など、中学生になると字幕が読めるようになったこともあって洋画が多くなった。アメリカ映画ってすごいなと思い、すっかり洋画にハマった。背伸びして通を気取り難解そうな作品も観たものだ。邦画だと黒澤明監督の『用心棒』や『椿三十郎』に夢中になった。東映の舞うような殺陣とは違う豪快な殺陣に魅せられ東映から離れてしまった。加山雄三の『若大将シリーズ』も好きでよく観た。再び東映映画を観るようになったのは高校生になってからで、鶴田浩二や高倉健主演の任俠映画だった。大学時代も仕送りが届くと兄と一緒に映画館に通った。

 私が入社した年の大卒の新入社員は8人で、高卒が16人だった。東映で何がやりたいということはなく、ただ、赴任地が北海道支社であればよかった。どんな仕事をするのかもわからなかった。私たちの若い頃は、会社で何をやるのかは、会社が決めるものだと思っていた。東映人生も半世紀になるが、製作をやりたいとか、企画をやりたいとか、思ったことは実は一度もない。私にとっては今も、映画は作るより観るものである。北海道勤務を望んだのは、出身地だということもあるが母が病気で自宅療養中だった。札幌に好きな女の子が住んでいたこともある。北海道支社勤務ということだけで満足だった。1960年代に入ると、テレビの普及などにより映画界も斜陽化という時代が訪れる。61年には新東宝が製作を停止し、日活は69年には撮影所を売却し、71年にロマンポルノの製作に入った。71年には大映も大型倒産による終焉を迎えた。私はそんな時代に映画界へ入ることになった。東映はと言えば、映画不況が始まった頃から製作され、鶴田浩二、高倉健、藤純子などをスターダムに押し上げた『博徒』『日本俠客伝』『網走番外地』『昭和残俠伝』『緋牡丹博徒』などで一大ムーブメントを巻き起こした任俠映画が終焉のときを迎えようとしていた。72年の藤純子引退記念映画『関東緋桜一家』が任俠映画最後の輝きを放った。憧れの藤純子もこの作品を最後に引退し3月に東映を去り、入れ違いで私は4月に入社した。もちろん、会えるかもしれないという私のミーハー心はあえなく玉砕した。

 映画界斜陽の時代に東映はいかなる舵取りをするのか。つづきは次回で。

1 2

こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅が丘

光石研さんと梅が丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial