21歳で逝った和製ジェームズ・ディーン 赤木圭一郎

プロマイドで綴る
わが心の昭和アイドル&スター

企画協力・写真提供:マルベル堂

大スター、名俳優ということで語られることがない人たちかもしれないが、
青春の日々に密かに胸をこがし、心をときめかせた私だけのアイドルやスターたちがいる。
今でも当時の映画を観たり、歌声を聴くと、憧れの俳優や歌手たちの面影が浮かび、懐かしい青春の日々が甦る。
プロマイドの中で永遠に輝き続ける昭和の〝わが青春のアイドル〟たちよ、今ひとたび。

©マルベル堂

 1950年代から60年代にかけて人気があったハリウッド・スターのトニー・カーティスとどことなく風貌が似ているとしてトニーの愛称で人気者だった、日活俳優・赤木圭一郎。甘く、ちょっとすねたような表情や、役柄のイメージ、人気絶頂期に21歳という若さで不慮の事故で亡くなったという境遇などから〝和製ジェームズ・ディーン〟との異名でも、いまでも伝説的に語り継がれている。日活の俳優たちは裕ちゃん(石原裕次郎)、アキラ(小林旭)と親しく愛称で呼ばれ、女性ファンのみならず、男性からも憧れの男として人気があったが、トニーも多くの男性ファンから支持されていた。約3年と、その俳優人生は短かったが、30作くらいの映画に出演している。

 トニーの魅力が存分に楽しめる映画といえば、船員に憧れていたトニーが海の男を思い切り演じて、主題歌もヒットさせた、前回紹介した芦川いづみと共演した『霧笛が俺を呼んでいる』(昭和35年)だろうか。偏愛的におススメするとしたら、裕次郎との初共演作ということで『清水の暴れん坊』(昭和34年)も観ておきたい。そして、昭和30年代から40年代にかけて映画ファンの胸をときめかせた華麗なる日活アクション映画のアンソロジーとして、ハードボイルド作家の矢作俊彦が構成・脚本・監督を手がけた『アゲイン AGAIN』(昭和59年)。殺し屋・ジョー(宍戸錠)が案内人としてかつての良きライバルたちを訪ね歩くという構成で、セレクトされた37本の映画からアクションの名シーンや、愛のみに殉じるヒロインたちとの出会いと別れのシーンなどが紹介される。ここではさまざまな映画でのトニーに出会うことができる。

 裕次郎が演った石坂洋次郎原作の映画『陽のあたる坂道』や『あいつと私』をトニーが演ったらどんな感じだっただろう、30代のトニーはどんな映画に出ていただろう、などとつい詮無いことを考えたりしてみる。峰岸徹が峰健二の芸名でデビューした頃、その風貌から〝赤木圭一郎の生き写し〟と言われていたのを思い出すが、その峰岸徹もすでに鬼籍の人である。赤木のプロマイドは、その死後7年経った昭和43年にも、男性部門の売り上げ10位内に入っている。いずれのプロマイドもカッコいい!! 赤木圭一郎は昭和30年代の日本映画界を颯爽と駆け抜けた、まぎれもないスターだった。

文:渋村 徹(フリーエディター)

プロマイドのマルベル堂

大正10年(1921)、浅草・新仲見世通りにプロマイド店として開業したマルベル堂。本年は創業100年記念のアニバーサリーイヤーに当たる。ちなみにマルベル堂のプロマイド第一号は、松竹蒲田のスター女優だった栗島すみ子。昭和のプロマイド全盛期には、マルベル堂のプロマイド売上ランキングが、スターの人気度を知る一つの目安になっていた。撮影したスターは、俳優、歌手、噺家、スポーツ選手まで2,500名以上。現在保有しているプロマイドの版数は85,000版を超えるという。ファンの目線を何よりも大切にし、スターに正面から照明を当て、カメラ目線で撮られた、いわゆる〝マルベルポーズ〟がプロマイドの定番になっている。現在も変わらず新仲見世通りでプロマイドの販売が続けられている。

〔住〕台東区浅草1-30-6 〔問〕03-3844-1445 〔営〕11:00~19:00〔休〕年中無休

マルベル堂 スタジオ
家族写真や成人式の写真に遺影撮影など、マルベル堂では一般の方々の専用スタジオでのプロマイド撮影も受けている。特に人気なのが<マルベル80’S>で、70~80年代風のアイドル衣装や懐かしのファッションで、胸キュンもののアイドルポーズでの撮影が体験できるというもの。プロマイドの王道をマルベル堂が演出してくれる。料金は12,000円(税抜)で、プロマイド5枚とCDデータがつく(但し、商用利用や二次利用は不可)。
〔住〕台東区雷門1-14-6黒澤ビル3F
※撮影のご予約・お問い合わせはマルベル堂 プロマイド店まで。

読者の皆さまへ

あなたが心をときめかせ、夢中になった、プロマイドを買うほどに熱中した昭和の俳優や歌手を教えてください。コメントを添えていただけますと嬉しいです。もちろん、ここでご紹介するスターたちに対するコメントも大歓迎です。

こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅が丘

光石研さんと梅が丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial