東映城の美しき〝三姫〟丘さとみ 大川恵子 桜町弘子

プロマイドで綴る
わが心の昭和アイドル&スター

企画協力・写真提供:マルベル堂

大スター、名俳優ということで語られることがない人たちかもしれないが、
青春の日々に密かに胸をこがし、心をときめかせた私だけのアイドルやスターたちがいる。
今でも当時の映画を観たり、歌声を聴くと、憧れの俳優や歌手たちの面影が浮かび、懐かしい青春の日々がよみがえる。
プロマイドの中で永遠に輝き続ける昭和の〝わが青春のアイドル〟たちよ、今ひとたび。

※プロマイドの老舗・マルベル堂では、原紙をブロマイド、写真にした製品を「プロマイド」と呼称しています。ここではマルベル堂に準じてプロマイドと呼ぶことにします。

 日活、松竹、東宝、大映の俳優たちをご紹介してきたところで、今回は東映時代劇に欠かせない女優の豪華3本立て。題して〝東映城の三姫〟。子どもの頃からいずれの映画も制限なく見せてくれる家庭に育ったが、そうは言っても小学生が観る映画と言えば、洋画だと、ディズニーアニメや、やはりディズニーの動物ドキュメンタリー『砂漠は生きている』、当時人気だったウィーン少年合唱団が題材の『野ばら』に『青きドナウ』、『仔鹿物語』や『アラバマ物語』『鉄道員』といった子どもが登場する映画、ジョニー・ワイズミュラーの『ターザン』映画。邦画は『安寿と厨子王丸』『わんぱく王子の大蛇退治』など東映動画の他は、名監督の文芸映画というより、人気者だった九ちゃん(坂本九)の歌謡映画、東宝の加山雄三の若大将シリーズ、裕ちゃん、アキラの日活アクション映画であり、(大川)橋蔵、錦ちゃん(中村錦之助、後に萬屋錦之介)の東映のチャンバラ映画だった。当時はプログラム・ピクチャーの時代で、映画各社2週間ごとに新作映画を2本立てで上映していて、街には次回公開予定の映画の看板が立ち、夢中になってながめていたものだ。

丘さとみ(女優)©マルベル堂

 東映の封切館にはよく通った。盆と正月の<忠臣蔵>映画や、<東海道>モノ、<中山道>モノなどのオールスター映画は絶対見逃せなかった。館内の両サイドの壁の上部には、片岡千恵蔵、市川右太衛門の両御大をはじめ、大友柳太郎、東千代之介、美空ひばり、橋蔵、錦ちゃん、高倉健、里見浩太朗、北大路欣也、松方弘樹など東映専属の俳優たちの大型プロマイドのような写真が飾られていたが、特に見入ったのは、丘さとみ、大川恵子、桜町弘子の〝東映城の三姫〟の写真だった。時代劇での扮装でしか見たことがなかったので、洋服姿の彼女たちが誰なのか最初はわからなかった。3人に対しては、僕なりのイメージがあった。大川恵子はどちらかと言えば、ノーブルなお姫様が似合う。『忠臣蔵』だとさしずめ浅野内匠頭の妻・阿久里(瑶泉院)の役だ。おきゃんな下町娘がよく似合った丘さとみは錦ちゃんとのコンビがよかった。完璧な富士額が美しい桜町弘子は、『若さま侍捕物帖』など、橋蔵との相性が良かったように思える。しっとりとした情感に富んだ役も得意だった。大友柳太郎主演の『鶯城の花嫁』(昭和33年)では、3人が鶯城の美人姉妹で共演していたが、華やかだった。今一度観てみたい。

1 2

サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅が丘

光石研さんと梅が丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial