カムカムのラジオに思わず耳をそばだてた「湖愁」を歌った松島アキラ

プロマイドで綴る
わが心のアイドル&スター

企画協力・写真提供:マルベル堂

大スター、名俳優ということで語られることがない人たちかもしれないが、
青春の日々に密かに胸をこがし、心をときめかせた私だけのアイドルやスターたちがいる。
今でも当時の映画を観たり、歌声を聴くと、憧れの俳優や歌手たちの面影が浮かび、懐かしい青春の日々がよみがえる。
プロマイドの中で永遠に輝き続ける昭和の〝わが青春のアイドル〟たちよ、今ひとたび。

※プロマイドの老舗・マルベル堂では、原紙をブロマイド、写真にした製品を「プロマイド」と呼称しています。ここではマルベル堂に準じてプロマイドと呼ぶことにします。

 

 現在放送中のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の1月24日の放送で、劇中で流れていた曲に耳を傾け、懐かしいと思われた年配の方もけっこういらしたのではないでしょうか。昭和36年に松島アキラが歌ってヒットした「湖愁」である。そういえば、以前の放送回でも同じく昭和36年に佐川ミツオ(現・佐川満男)が歌い、当時のリバイバル・ブームに乗じてヒットした「ゴンドラの唄」が流れていたこともあった。舞台となる時代を表現するのに、当時ヒットした曲をバックに流すのは、ごく一般的な演出だが、渋い選曲に、スタッフにはかなり昭和歌謡に詳しい人がいるのではないかと、思わずニンマリしてしまう。その後、佐川満男が俳優としてもドラマに出ているのには、遊び心のある仕掛けだと、勝手に楽しんでいる。

 さて、松島アキラだが、いきなりデビュー曲「湖愁」がヒットし、その後も当時流行していた青春歌謡を歌い、その愛くるしい容貌から、当時日本でペットとして人気があった犬種「スピッツ」の愛称で呼ばれ、女性たちに人気だった。日劇ウエスタンカーニバルにも出演し、昭和37年にはNHK紅白歌合戦にも初出場したが、歌ったのは「湖愁」ではなく、「あゝ青春に花よ咲け」だった。

©マルベル堂

「湖愁」と言えば、舟木一夫のデビューエピソードで語られる曲としても、歌謡界では知られる。名古屋市内のジャズ喫茶で、「松島アキラショー」が開催された折、ステージ上の松島アキラが、誰か「湖愁」を一緒に歌わないかと客席に声をかけたところ、一緒にステージを観ていた同級生に手首を掴まれ手を挙げた高校生がいた。それが後の舟木一夫だった。舟木は松島と一緒に「湖愁」を見事に歌い上げ、取材で来ていた「週刊明星」の記者の目に留まり、記者はそのときの出来事をホリプロの堀威夫氏に話したところ、堀氏が興味を示しデビューへとつながったのだ。

さらに「湖愁」はリリースの翌年に映画化もされ、瑳峨三智子、鰐淵晴子、田村高廣、川津祐介らと一緒に松島自身も出演していた。「湖愁」は昭和歌謡の歴史に名を残す、いい歌である。

文:渋村 徹(フリーエディター)


大正10年(1921)、浅草・新仲見世通りにプロマイド店として開業したマルベル堂。本年は創業100年記念のアニバーサリーイヤーに当たる。ちなみにマルベル堂のプロマイド第一号は、松竹蒲田のスター女優だった栗島すみ子。昭和のプロマイド全盛期には、マルベル堂のプロマイド売上ランキングが、スターの人気度を知る一つの目安になっていた。撮影したスターは、俳優、歌手、噺家、スポーツ選手まで2,500名以上。現在保有しているプロマイドの版数は85,000版を超えるという。ファンの目線を何よりも大切にし、スターに正面から照明を当て、カメラ目線で撮られた、いわゆる〝マルベルポーズ〟がプロマイドの定番になっている。現在も変わらず新仲見世通りでプロマイドの販売が続けられている。

マルベル堂 スタジオ
家族写真や成人式の写真に遺影撮影など、マルベル堂では一般の方々の専用スタジオでのプロマイド撮影も受けている。特に人気なのが<マルベル80’S>で、70~80年代風のアイドル衣装や懐かしのファッションで、胸キュンもののアイドルポーズでの撮影が体験できるというもの。プロマイドの王道をマルベル堂が演出してくれる。料金は12,000円(税抜)で、プロマイド5枚とCDデータがつく(但し、商用利用や二次利用は不可)。
〔住〕台東区雷門1-14-6黒澤ビル3F
※撮影のご予約・お問い合わせはマルベル堂 プロマイド店まで。

読者の皆さまへ

あなたが心をときめかせ、夢中になった、プロマイドを買うほどに熱中した昭和の俳優や歌手を教えてください。コメントを添えていただけますと嬉しいです。もちろん、ここでご紹介するスターたちに対するコメントも大歓迎です。

こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!