スキー・ブームがあった頃

 ~ゲレンデに遊ぶ若者たち~

 

 
レジャー・ブーム到来と言われた1961年、スキー人口が年間100万人を突破し、
72年の札幌オリンピックをきっかけに、戦後最大のスキー・ブームが到来した。
87年公開の映画『私をスキーに連れてって』のヒットもブームに拍車をかけ、テニスと並びスキーは大学のサークルでも一番人気で、93年の最盛期にはスキー人口は1860万人まで増加した。
国鉄末期の86年にはスキー臨時列車「シュプール号」も運転を開始し、さらには寝台特急「北斗星トマムスキー/ニセコスキー」も運行した。
週休二日制が一般化された時期とも重なり、夜行列車や夜行バスを利用してスキー場に向かう客が増えたのだ。
90年前後には修学旅行先がスキー場という学校もあった。
90年代後半ともなると、ゲレンデにはスノーボーダーたちが増加し スキー・ブームも鎮静化することとなる。それはバブルの崩壊の時期でもあった。
スキー・ブームは、まさにバブルの象徴だった

昭和になって急速に普及したスキー

 

〽山は白銀(しろがね)、朝日を浴びて  すべるスキーの風切る早さ

ウィンター・スポーツの雄、スキーというとまずこの童謡「スキー」(作詞・ 時雨音羽、作曲・平井康三郎)を思い浮かべる。

子供の頃によく歌った歌なので戦後の歌かと思いきや、調べると、昭和十七年(一九四二)、戦時中に作られたというので驚く。

考えてみれば、日本で広くスキーが楽しまれるようになったのは昭和に入ってから。

スキーはまず明治になって日本に紹介された。

明治末に、オーストリアの軍人が新潟高田(現在の上越市)にあった歩兵連隊で教えた。これはストックが一本の方式だったという。

他方、やはり明治末に、スイスの教 授が札幌の大学で生徒に、ストック二 本の方式を教えた。日本ではこちらが 主流になっていった。

日本は北海道、東北、上信越と冬は 雪が多い。そのためにスキーは急速に広まり、昭和に入って広く普及していった。

昭和六年(一九三一)には「スキーの唄(」作詞・島田芳文、作曲・古賀政男)が作られヒット曲になった。

〽 胸にさらさら  粉雪小雪 若いスキーヤーの 若いこの胸 血は踊る

歌がヒットしたので、翌七年には同名の映画になっている。この頃からスキーが人気スポーツになっていることが分かる。

…… 続きはVol.38をご覧ください。

昭和30年代の草津温泉スキー場の写真で、 多くのスキー客がスキー・バスで訪れ、ゲレンデも大にぎわい。 また、リフトは日本で最初のリフトとされており、スキー・ブーム最盛期には リフトやゴンドラの待ち時間が数十分から1時間というのも珍しくなかった。 写真提供:草津温泉スキー場

昭和35年、山形蔵王スキー場で開催された市 民スキー講習会でトニー・ザイラーに遭遇した川 越市民スキーの一行。ザイラーは昭和31年イタ リアのコルチナ・ダンペッツオオリンピックで、ア ルペンスキー回転、大回転、滑降の金メダルを 獲得し、史上初の三冠を達成した。このときの 回転で2位になったのが、国際オリンピック委員 会(IOC)副会長も務めた猪谷千春で、日本人 最初の冬季オリンピックメダリストとなった。ザイ ラーは昭和34年に東京で開催されたドイツ映画 祭と、『銀嶺の王者』出演のため来日し、約5ヶ 月間滞在した。ザイラーが設計したスキー・コー スは日本にもあり、岩手県の安比高原スキー場 には「ザイラーゲレンデ」というゲレンデがある。 平成21年に脳腫瘍のため73歳で死去。 写真提供:川越市スキー連盟  撮影:関口敏夫氏

日本にスキーを伝えたオーストリア=ハンガリー帝 国時代のオーストリア陸軍少佐テオドール・フォ ン・レルヒ。明治44年(1911)に陸軍第13師団 視察のため、上越市高田を訪れ、1月12日初め てスキーの指導が行われた。左は日本の軍人、堀 内文次郎。レルヒの第一声は「メテレ・スキー」(ス キーをはきなさい)だった。後にこの日は日本の「ス キーの日」に正式決定した。大正12年第一回全 日本スキー選手権大会が開催され、2本ストックが 1本ストックを成績で圧倒し、2本が主流となった。 写真提供:上越市立歴史博物館 撮影:小熊和助氏

かわもと さぶろう
評論家(映画・文学・都市)。1944年生まれ。東京大学法学部卒業。「週刊朝日」「朝日ジャー ナル」を経てフリーの文筆家となりさまざまなジャンルでの新聞、雑誌で連載を持つ。『大正幻影』 (サントリー学芸賞)、『荷風と東京『断腸亭日乗』私註』(読売文学賞)、『林芙美子の昭和』(毎 日出版文化賞、桑原武夫学芸賞)、『映画の昭和雑貨店』(全5冊)『映画を見ればわかること』 『向田邦子と昭和の東京』『それぞれの東京 昭和の町に生きた作家たち』『銀幕の銀座 懐かし の風景とスターたち』『小説を、映画を鉄道が走る』(交通図書賞)『白秋望景』(伊藤整文学賞) 『いまむかし東京下町歩き』『成瀬巳喜男 映画の面影』『映画の戦後』『サスペンス映画ここにあ り』『日本すみずみ紀行』『東京抒情』『ひとり居の記』『物語の向こうに時代が見える』『「男はつ らいよ」を旅する』『老いの荷風』など多数の著書がある。


コモレバ読者イベント

新着記事

おすすめ記事

祖師ヶ谷大蔵 ~ウルトラマンと歩く商店街再び~

シチュー三昧

Present

WEB限定プレゼント

Category

from Readers

Club